FC2ブログ

妄想創造力

僕の妄想創造力は非常に波があって、かなりしばらく停滞しておりましたが、ここ2〜3日やや回復の傾向にあります。

この妄想創造力とマゾ度はあまり相関関係はなく、別に創造意欲が低くても、マゾ欲望度はいつもと変わらないという感じでしたが、、。

200831-01.jpg
復活一作目がこれ。どこかの婦人カジュアル服メーカーの写真をお借りして、ケインをもっていただき、セリフを付けました。妄想の種類としては、「外出先人目有りのお仕置き妄想」に分類できると思います。

200901-01.jpg
これはオリジナルの写真ほとんどそのままで、お尻に2本だけケインの痕を追加して、セリフを付けただけです。このお母様の表情と手になさっている長いケインがなんとも魅力的だったので、いたずらしたくなりました。「家庭のお仕置きレベルアップ妄想」です。

200901-03.jpg
これは加工としては、スクールケインを画面に追加しだけで、ちょっと気に入ったセリフを付けました。「家庭内ルールを破るとどういう目に遭うか妄想」です。一見穏やかそうで、でもよく見ると厳しそうなお母様の雰囲気に合わせたつもりです。

この手の妄想回路は一度スイッチが入ると、しばらくは続くことが多いので、お付き合い願うことになるかもしれません。




スポンサーサイト
[PR]

痛そう、、

僕がみた中で一番痛そうなブラシかも、、、。

200105-01.jpg
このブラシで叩かれたい人は、シアトルまで出かけてMs. Jenn Davisにお願いすると叩いていただけると思います。

嫌われもの達

僕の全財産中最も重要な持ち物=ケインコレクションの中で、なぜか鬼様に嫌われて使われていないケイン達がいます。

190908-01.jpg
嫌われものの集合写真です。向かって右から、10mmラバーケイン(黒いヤツ、10mmのケインにラバーが被っているので、実際は12mmくらいになっています。)、10mmスクールケイン(ハンドルがU字に曲がっているヤツ)、14mmプリズンドラゴンケイン(前回のお尻みっちりで目出度くお気に入りに変わりました!)、17㎜シンガポールプリズンケイン、達です。

ラバーケインは、ラバーで覆われていて折れにくい上に、ラバーの重量がプラスされるので、重くて痛いケインです。本来ならば鬼様の好みに合っているはずなのですが、あまりしならないのと、グリップが付いていなかったで、嫌われものになっていた可能性があります。そこで、今度はグリップを付けました。腕力もアップしてこの程度の重さのケインはへっちゃらになった鬼様なら、多分これでお気に入りに入れるのではないかと思います。(なにしろ、痛いケインなので、僕の悲鳴を聞けば多分変わると思われます。)

スクールケインは、ケイン本体部分が真っすぐでとても良い品質ですし、素材はドラゴンです。そしてドラゴンケインらしく、とてもよくしなるケインなのですが、鬼様は全く使ってくれません。僕の読みでは、多分グリップが細くて滑りやすく持ちにくいことが原因と思いましたので、今回グリップを改造して持ちやすくしてみました。スクールケインは鬼様に似合うケインだと思うので、これでお気に入りに入れてもらえるものと期待しております。

プリズンドラゴンケインは、お尻みっちりの報告の通り、すでに「お気に入り」入りしております。このぶっといケインをフルスウィングで振り回せる鬼様のパワーアップぶりは恐ろしいものがありますが、そこで大逆転劇に登場しそうなのが、一番左にあるシンガポールプリズンケインです。

190908-02.jpg
直径17㎜(部分的には18㎜)もあります。隣のプリズンドラゴンと比較してもらうとその太さが分かると思います。

このケインは腕が丸太のように太い、ケイン刑専門のシンガポール刑務所のオッサンが、腕力にものを言わせて振り回し、可哀そうな受刑者たちのお尻の皮膚を一発で裂いてしまうような恐ろしいケインですが、さすがに太すぎて普通の人にとっては「ただの棒」でした。でもしかし、前回プリズンドラゴンを「これいいじゃん!」とか言って振り回していた、鬼様のパワーアップぶりを考慮した場合、次回以降に「最後の仕上げ」として登場する可能性が生まれてきたと思います。
190908-03.jpg


ボロボロになっているお尻に、この棒みたいな、重~~いケインが飛んで来たら、、、。

想像すると、ブルブルドキドキですね!!


New Tool

190806-01.jpg
何だかちょっとピントが甘くて恐縮ですが、New Toolです。

針の高さ11㎜の画鋲を20個ラミネートべニア板の上に貼り付けた、Punishment Matです。

鬼様にこんなの作りました~と張り切って報告したら、

これは刺さるね!(笑)
踏んじゃったら

というとても客観的な反応でした。

基本的には踏んじゃうのではなく、この上に座る=お尻に画鋲がゆっくり刺さる、というシチュエーションを考えております。

これ、別に僕のオリジナルアイディアではなく、どこか(多分英国)の寄宿舎で使われている反省用マット=この上に座らされて反省文(短文)を500行とか1000行とか書かされる、というのをを小型化したものです。本物は太ももからお尻全部に当たるくらい針が生えてた!

鬼様の手に掛かったら、これがどんな武器になるのか、楽しみ(恐怖~)!



Welcome Caning

これも割とよくある、新しいオフィスで秘書様のお出迎え妄想です。

190418-02.jpg
ご希望を伺うように言われてますのよ。お尻と太もも(ユリイカ語では新お尻)どちらになさいます?

みたいな会話を妄想して作りました。

プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR