FC2ブログ

もしも、、

もしも、Ms. Brownにお尻叩かれる機会があるとしたら、、、以下のどのパターンが好きですか?

その1。
170816-01.jpg
木の椅子にしがみついて、レザーストラップで叩かれる。

その2。
170816-03.jpg
同じく立ち姿勢だが、ヘアブラシで叩かれる。

その3。
170816-02.jpg
膝の上に乗せられて、バスブラシ(ボディブラシ)で叩かれる。

その4。
170816-04.jpg
やっぱりケインで叩かれる。

過去の経験で学習したのですが、何で叩かれるにしても、「最終的に同じような状態になるまで叩かれる」ので、そこに至るまでの時間が多少違うだけではないかと思われます。 個人的には(ケインオジさんとか呼ばれてるし、、)ケインかな?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

甘く見てはいけない。

20170727153856489.jpg
ヘアブラシというと、つい甘く見てしまいますが、この写真見ればそれが間違いだって分かりますよね。

しかも、この雰囲気では未だ終わってない感じだし、、。

ママのお仕置き(英国版)

いつも通りの勝手な想像(妄想)話なんですけど、、。

僕も(つまりみんなも)大好きな、ママのお仕置きシリーズ、英国版。

170322-01.jpg
これがどうして「英国版」なのか?という疑り深いマゾも居るとは思いますが、、、。 一応Strict-Women.comというのは英国のFemdomスパンキングサイトなんです。

この写真見方によってはオフィスで女性上司が間抜けな部下をお仕置きというシーンにも見えますが(そっちが自然かな?)、それだと僕の妄想としてはドキドキしないので、このママは家でお仕事をしていて、その仕事部屋でバカ息子がお仕置きされていることにしております。お尻が若干おっさんぽいのが気になりますが、その辺は適当に無視しております。

170322-02.jpg
お尻を叩く時の表情が素敵です!!

170322-03.jpg
このお母様、なにやらとても賢そうな雰囲気だと思いませんか? そういうところも英国系の好きな理由のひとつかも。

170322-04.jpg
で、英国系なので仕上げはケイン。

綺麗で賢くて怖いママに、ブラシでお尻叩かれた上でケインでお仕置きされるなんて、英国に生まれたかった気がするなぁ。(と、いくつになっても思う、、。)


連休三日目(一人コラボその9)

週末から何となくイヤな感じだった喉のイガイガが、昨晩から微熱に発展しやがったので、今日は地味に家で静養中。

というわけで、ブログの中身もちょっと地味な内容で、、(関係ないんですけど、、)。

BlogPhoto160321-01.jpg
地味は地味なのですが、実は結構お気に入りの動画です。どう見ても、お母様が悪ガキをお仕置き中という動画なのですが、お母様の顔に浮かぶ、サディスティックな笑顔がなんとも素敵。

BlogPhoto160321-02.jpg
電気コードというのも、地味に湿った痛みで、好きなお道具だったりします。

1分ちょっとの動画の後半15秒くらいのお母様の邪悪な笑顔は一見の価値があります。 動画はこちら

スパンキング!!

お尻叩かれるのに興味ない人にとっては、WhippingだのCaningだの、はたまたSpankingだの、何がどう違うのかチンプンカンプンだと思いますが、今日はスパンキング特集です。広義では鞭やケインで叩くこともスパンキングに含まれますが、手やブラシで叩くことを特定してスパンキングとう使い方をすることもあるので、本日はそちらの使い方。

BlogPhoto160314-04.jpg
多分本日一番のお気に入りがこれです。お気に入りポイントは、ミストレスが腕まくりをしているところ!! 長い髪を束にしたり、腕まくりしたりというのは、「さぁ行くぞ」感が強調されて好きだなぁ、、。(多分他のマゾの一部も同じ感覚のはず。)
それに、この写真のブラシは、無用に大きいと思いませんか? これで叩かれたら、数発で悲鳴絶叫ですね^^!

BlogPhoto160314-05.jpg
こちらは、ヒョウ柄と、この跨り方がナイス! やはり「跨る」というのは、支配するという感じの具体的表現と思われるので、お仕置きされるときはこのスタイルがいいかも。

BlogPhoto160314-06.jpg
この場合は、かなり強調されたバストとピンクのお尻のコントラストかな? 実はこの写真、どこがどう良いと上手く言えないのですが、例えばブラシのブレ方でブラシのスピード感が出ていたりして、なんかいい感じなんですよね。

なんだか、どさくさ紛れで、ブログ更新ラッシュ継続という感じですが、素材が集まる時は何故か自然と集まってくるので、流れに任せてみました。

ではまた。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR