FC2ブログ

電気系情報続き

もしかしたら、僕以外の誰も興味を持っていないかもしれない、電気系お道具情報その3です。

世の中には本当にすごい人がいるもので、電気系の責め具を自作していらっしゃる方がいます。
http://misawaryu.h.fc2.com/newpage1.html
かなり前からあったみたいなので、皆さん一度は読んだことがあるかも、、。


その三沢さんの作品。パンドラボックス!! 名前を付けるセンスも素晴らしいですね。
ちなみに、下段左端がそのパンドラボックス。これは初期の作品らしく、その他にバッテリーや変圧器、オンオフタイマーなどが付属しています。その後改良されて大分シンプルになったようですが。


その三沢コレクションですごく気に入ったのがこれ。電気鞭!! やっぱり鞭フェチとしては電気系でも鞭がいい!! 

鞭の先端はピンポイールみたいになっているという芸の細かさ!!

情報って不思議で、集まり始めると加速度的に集まるんですね。それに連れて興味というか、やってみたい(やられてみたい)テンションもどんどん上がるんですよね〜。

ついでのようで恐縮ですが、電気系情報の前に書いたMegumiさんのちょっと素敵な写真を見つけたので、オマケ。

意地悪そうな目がステキ!!


パンドラボックスが似合いそうな気がする^^!

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ESTIM

この間DREAM LOVER 2000という、とんでもない器械を見つけてから、一気に電気系対する興味が強まり、今回は電気系でZEUSと双璧をなす、ESTIMのお話です。

間違っていたら訂正して欲しいのですが、
ZEUS=アメリカ=低周波
ESTIM=英国=普通の電波
という理解をしております。

そのESTIMでもっとも強力なのが2Bという発信器で、それに色々とヤバい付属品をセットしたキットがあります。
160417-05.jpg
中々面白そうな付属品がいっぱい含まれたフルセットですが、399ポンド(65,000円くらい?)です。

160417-04.gif
これが声や音に反応して発信するというAUDIO POWER BOX。 どうも、変な外人が鬼様にプレゼントしたのがこれのような気がします。

160417-06.gif
これは無線発信器。

160417-07.jpg
色々ある付属品の中で、僕が一番興味あるのがこれ。 元々転がされるだけで痛いピンホイールに電気が加わったらどうなるんだろう、と興味津々。

前にもどこかで書きましたが、
低周波=「ど〜ん」という感じで、深く浸透してくる感じの鈍い痛み。
電波=「ピリピリ」という感じで、皮膚の表面で感じる鋭い痛み。
という違いがあるので、この二つの痛みを同時に加えられたら、どうなるのかな? 

僕は、鞭好きで、痛みが好きな訳じゃ無いと思っていたのですが、、、。 マゾってわからないものですね〜。





Dream Lover 2000

最近ちょっとネタ切れ状態で、更新が滞っておりましたが、、、。

ちょっと、というか物凄く興味深いお道具を見つけたので、ちょっと気合を入れて記事を書いております。 

Dream Lover 2000

DL2000-01.jpg

最新のエレクトロニクス技術を駆使した、「無線電気ショック付き貞操帯システム」です!!

情報の早いマゾさんはとっくの昔にご存知で、、。

 http://kaisub.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html


2年も前に詳しい記事が載っていたりしますが、僕にとっては驚天動地の最新情報だったのであります。

Tumblr をやっていて感心することの一つに、外人さんたちの(男女を問わない)貞操帯好きがあります。僕のTumblrをフォローしている外人さんの半分以上は Chastity マニアではないかと思われます。まぁ、日本人より遥かに性欲の強い外人さん達だから、Chastityの効果もハンパじゃなく効果的なのではないかと思ったりするのですが、、。

そのChastity 好きに、道具開発マニアが加わると、ついに:
1.貞操帯責め(性欲抑制)
2.電気ショック(苦痛による懲罰効果)
3.無線コントロール(何時でも好きな時に電気ショックで苦しめることが出来る。)
4.携帯連携(Android端末だけですが、どんなに離れていても逃さずに罰を与えられる)
という、拘束されるの大好きマゾにとっては夢のような機械が出来上がっちゃう訳であります。

説明を詳しく読むと、Cheat Free Mechanismというのも搭載しており、男性のペニスのアルゴリズムを覚え込ませているので、ご主人様の目が届かないと思って外していたり、ペニス以外の場所(例えば指など)に付けて、誤魔化そうとするとご主人様の発信器に赤いランプが点灯してバレるというような仕組みまで組み込まれている最強システムなのであります。


 DL2000-02.jpg

本体の貞操帯部分がこれ。同じ会社のCB3000とかCB6000なんかとも互換性があるらしい(詳細未確認)。

まぁこれだけでも、マゾは何時になったら外してもらえるのか、ご主人様のご機嫌を損ねるとロック解除を1週間延期されたりされないかとかとか、十分にビビる訳でありますが、、。

DL2000-03.jpg

これが無線でコントロールされる電気ショック発信&命令受信装置。ここからペニスに付けた本体に配線が伸びていて、数段階の電気ショックを与えることが出来る仕組みになっているようです。電気ショックの種類も選べて、Slap ModeとかCanine Mode(犬訓練用の電気ショック)とかを選べたりします。無線ですから、鞭で叩きながら電気ショックを与えるなんて時も配線が邪魔になったり、距離が制限されたりは全然しません。



DL2000-04.jpg

そしてこれが「魔の発信器」!! これがご主人様の手にある限り、何時でも何処でも怯えている必要があります^^! これにUSBのデバイスを付けると、アンドロイド携帯に信号を発信出来るようで、アンドロイド携帯を経由して地球の反対側に居ても逃げられないという仕組みみたいです。


 DL2000-07.jpg

これがご主人様のアンドロイド携帯に表示される(らしい)画面。「奴隷が貞操帯を外しているのでショックが与えられませんでした。」とかなんとか、余計な告げ口メッセージが表示されるらしい(>_<)。 貞操帯が最も効果的なのは、20代とか30代の性欲全開なマゾに対してだと思いますが、電気ショックと何時でも何処でも機能のおかげで、性欲減退(若いマゾ程の効果が期待出来ない)マゾに対しても、日常的に電気ショックを与えて苦しめるという調教が可能になったわけであります。

これがUS$1,950(約220,000円=携帯連携タイプ)するのを高いと感じるかどうかは、マゾそれぞれと思います。(僕は早速DL2000貯金を始めようと思っております。)




ちなみに、鬼様は、とっくの昔にご存知でした〜〜。 




お道具関係

作るだけ作ったのですが、ちっとも使われていなかったカテゴリーで記事を書くことにしました。

鞭打ち関係のお道具。(興味ない人にとっては120%無用無駄なシロモノですね^^!)

でもしかし、道具好きの欧米人達はしっかり「超用途限定」のお道具を作っております。

その中のグランプリ級作品(笑)。
BlogPhoto160306-01.jpg
脚の裏叩き専用拘束具(爆)。 足の裏をケインで叩かれたことのある人だけが、このお道具の必要性を理解出来ます。 多分、僕には必需品で、これなら足の裏1発で泣き出す僕でも100発でも200発でも打たれることが可能になります。つまり、全く逃げられない!! しかも、細かいことに指までしっかり固定しているので、金輪際逃げられません!

BlogPhoto160306-02.jpg
準グランプリがこれ。手の平叩き専用拘束具。 これまた、超痛いお仕置き場所の手の平を、好きなだけ叩くためのお道具。鬼様の目に止まったら最悪のお道具の一つですね、、。 この場合、指は自由になっているので、「指を閉じたら最初からやり直し」ルールで叩かれることになりそうです。

BlogPhoto160306-03.jpg
まぁ、こちらは特別賞というか歴史的お道具賞という感じの、「年季の入った丸太」です。 無数の悲鳴と汗と多少の血を吸い込んだ丸太君ですが、こういう丸太に無造作に縛り付けられてお尻叩かれるのも、妄想マゾの好きなシチュエーションではないでしょうか? ところで、この画像の赤い丸で囲った部分のケイン痕、いい感じですね。鞭痕アーティストの創作意欲をそそる鞭痕です。

BlogPhoto160306-04.jpg
色々書きましたが、今現実的に一番欲しいのはこれ。こざっぱりした部屋の隅に当たり前のように置いてあるところがナイスですね。 窓枠が鉄っぽいのも、ちょっと収容所とか刑務所ぽくって好きです。

BlogPhoto160306-05.jpg
何度も同じことを書いているので、「またかよ」と言われそうですが、宝くじが当たったら絶対作るのが、この手の地下室です。でも、地下室作るには、家を買う必要があるので、どんなお仕置き部屋とか拷問室のある家にするかも楽しみですね、、。(でも、それだと地下室が入らなくなっちゃうかな、、、とか悩む。)

やけくそ

デルリンケインの存在がバレちゃったので、この際その手のヤバいケイン(&鞭)を特集しちゃおうと思います。

そもそも、プラスチック系のケインが作られた理由を考えると、『折れない』あるいは『折れにくい』ことが特徴だと思われますが、その反面『密度が高すぎる』とか、『しなりすぎる』というデメリットもあります。 でもしかし、このケインの場合メリットは全部『叩く側』に行き、デメリットは全部『叩かれる側』に来るという恐ろしく不公平な構造になっております。

せっかく隠していたのに、お節介な外人マゾが、鬼様に凶器をプレゼントし、さらにさらにそのお節介外人マゾがもう一本をオジキにプレゼントするという不測の事態を前にして、日本人&昭和鞭フェチマゾとしては居直ってデルリンケイン&その手のヤバいケインを集めちゃおうかと、いささかやけくそ気味に考えております。

BlogPhoto0712-01.jpg
これがAdam & Gillian のデルリンケイン。長さが3種類ありますが、それぞれ痛さが異なります。 前のブログでも書きましたが、Adam & Gillianの良いところは、その製品の全てに『痛みの表示』があることで、痛くない順番にSoft-Moderate-Severe-Extremeとあり、例外的に凶暴なものにはSavage(文字通り凶暴なという意味)という表示があります。
さて、問題のデルリンケインですが、一番短いのがSevere(激痛)、中間がExtreme(極度に痛い)、そして一番長いのはSavageとなっております。ちなみに鬼様が愛用しているAdam & Gillian's Deluxe Cane 38インチの痛み表示はSevereです。

続いてもう一種類のプラスチック系がこれ。
BlogPhoto0712-02.jpg
ポリエチレン製のシャフトを使ったもので、名前がWhite Lightning(白い稲妻)!! 実はこれは前に購入して、Ultimate Mistressの方にプレゼントして後悔した代物です。 Adam & Gillianの説明にもありますが、『見かけに騙されてはいけない』とある通り、非常にヤバいケインです。それでも痛み表示は短いものでSevere、長いものでMore Severeとなっていたのですが、僕は2〜3発叩かれただけで絶叫した記憶があります。

BlogPhoto0712-04.jpg
これがプラスチック系のケインで叩かれたお尻の画像。あっという間に黒ずんだ痕が付いているのが悲惨、、。

やっぱり変なもの集めるの、ヤメようかな、、。 やけくそで何かやると、ほぼ確実に後悔するんだよな〜。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR