FC2ブログ

不屈のマゾ根性

Tumblrから動画を削除しました、というお話をしたばかりですが、、。

動画を削除した替わりに、削除した動画から作成したGIFアニメを投稿することにしました。 つまり、動画の中のクライマックスシーンというか、一番刺激的と思われるシーンをGIFアニメで見せようという魂胆です。

我ながら、何事にもめげないマゾ根性ってスゴイなと、自分に感心しております。でも、殆ど全ての出来事を自分に都合よく解釈するというか、都合の悪い部分を忘れて眺める能力って、マゾだけの特殊能力みたいな気がするなぁ、、。

で、その連載開始したGIFアニメの幾つかを載っけておきますね。

160721-SwishingWhip-01.gif
名作「Swishing Whip」より。


160722-CassieCane.gif
Cassie Hunterさんの迫力満点のケイン。 Tumblrではベスト5に入る人気動画でしたが、、。

MissTaylorHairBrush.gif
Tumblrではやたらとウケた、Miss Taylorのヘアブラシスパンキング。

ネタはいっぱいあるので、暫くはこの手で続けようかと思います。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ユリイカ12周年の冊子

BlogPhoto160228-01.jpg


2月の11日から13日に12周年を迎えたユリイカの12周年記念冊子を遅ればせながら入手しましたので、その印象を書こうと思ったのですが、、、。

「最初のグラビアが鬼様ダァ〜〜!」

で終わっちゃいそうなので、もうちょっと範囲を広げて、僕にとってのユリイカについて書こうと思います。

ユリイカを語る時に絶対外せない方が、オジキのゆみこさんなのは当たり前ですが、何度かユリイカに通って何となく様子を見ていると、蘭花さんの存在の大きさに気付きます。 ゆみこさんと蘭花さんが出会って、二人が単なる知り合いからコンビに変化した時点で、マゾ男放し飼いの遊び場「ユリイカ」の大部分が出来上がったのではないかと思うくらいです。自由で鷹揚なのに、マゾ男たちも何となくのローカルルールを守っている不思議な空間は、多分ゆみこさんと蘭花さんの人間性を反映しているのでしょう。

僕から見ていると「宇宙的器の大きさ」に見えるゆみこさんの深〜い懐の中で、マゾ男たちが自由に息をしているユリイカという空間は、多分世界に二つとはないSMサロンだと思います。これは僕だけの意見ではなく、僕がユリイカで知り合った色々な国籍のマゾ男と話すたびに聞いた意見でもあります。

お二人の個性と人間性を見事に反映したユリイカは、それだけですでにブランドとしての価値を持っているし、だからユリイカTシャツとかがやたらとカッコよく、自然に見えるんですよね。

と、書いているうちに、今度何時ユリイカに行けるかなぁ〜?と思っている鞭フェチM男の独り言でした。

あっ、それから某Ho○erさんが言っていた、「資生堂 花椿」説、僕もこの冊子を見たとき、似たような印象を持ちました。昔、家で母親や姉貴達がかなり大事にしていた花椿は、当時の日本のどの雑誌よりもオシャレだった気がしたし、当時マゾを自覚していた僕はこっそり隠れて覗いていた記憶があるくらいです。 余計な話ですけど。

ではまた〜。

オジキと兄弟

このブログの読者の方はご存知の通り、僕にはユリイカのゆみこさんという「オジキ」がいます。 詳しい説明は大分前のブログでしたのですが、今何時だったか思い出せないので、簡単に復習すると、、。

僕のご主人様=親分=鬼様
鬼様の姉貴分=ユリイカの鏡ゆみこさん
従って、僕から見たゆみこさんは、親分の姉貴分なので、僕の「オジキ」に当たるという訳です。

ところが、今度鬼様に妹分が出来るという情報があります。
鬼様が所属するラシオラに新人さんが入ったのですが、この方のお名前が「ルイ奈」さん。そして、何故ルイナ奈さんかというと、鬼様に似ているからという理由らしいのです!!。(鬼様の名前の由来についてはこちらを参照してください。)

さて、こうした場合、ルイ奈さんは鬼様の妹分ということになり、そうなると鬼様の子分である僕を含めたマゾ達とは、形式的には「兄弟分」ということになるのではないでしょうか? 本職の方々はカッコよく「キョーデー」と発音されるようですが、ドミナの女性に向かって「キョーデー」とか言っちゃって良いものかどうか、一度子分マゾで会議を開いて検討したいと思います。

でもしかし、今までキョーデーが家事奴隷マゾとかだったことを考えると、ルイ奈さんがキョーデーに加わってくださることは誠に喜ばしいことだと思います(笑)。

ルイ奈さんについて知りたい方はこちら


と、ここで重大な事実誤認を発見!! ルイ奈さんは、鬼様の妹分ではあっても、子分ではない!! つまり、ルイ奈さんはあくまで主筋の方であり、キョーデーではなく、オジキなんだ!! そうなると、今のオジキは「大オジキ」になっって、ルイ奈さんが「オジキ」になるのではないか等々、脳味噌少ないマゾ頭で考えたのですが、何か間違ってますでしょうか?

送別ケイン

ヒョンなことから暫く我が家を遠く離れて仕事をすることになり、つい最近引っ越しをしたのですが、、。

その出発に当たって、鬼様が「送別ケイン」を贈ってくださいました。 あっ、言い遅れましたが今日は写真なしですので、鬼様の写真とかを期待されている方はこのままスルーして下さい。

遠く離れるとは言っても、今の時代ですから、ネットやラインで何時でも連絡はとれるし、日本の国内のことだからイザとなれば、ひとっ走りで会いに帰ることだって可能なので、昔の旅立ちとは大分ニュアンスは違うのですが、鬼様はそういうところはかなり昭和的で、しかも何故か心優しいところがあるので、先週お話をしているときに、ユリイカに誘ってくださったのです。
ユリイカで鬼様が送別ケインをするということになれば、当然ですがオジキのゆみこさんにもご挨拶が出来るので、その辺までも考えてくださったというわけです。

偶然にも、その日は鬼様の家事奴隷マゾが鬼様のお家のお掃除に行っていたりしたので、家事奴隷マゾまで加わって、豪華絢爛(家事奴隷マゾは余計でついでですが、、)な送別ケインとなりました。

実は昨年は色々な事情が重なって、SM休止状態になっていた為、今回の送別ケインはイコール1年ぶりの鬼様ケインとなってしましました。僕の全財産のケインを床に並べ、その中から鬼様が選んだのがジュニアドラゴンケインで、こいつはドラゴンケインではあるのですが、ちょっと細くて柔らかいので、鬼様曰く「リハビリだからね」という目的にはぴったりのケインでした。でもしかし、鬼様のケインはやっぱり鬼様のケインであり、最初だけちょっと「血が出ないね^^!」と言われておりましたが、後半は一打ちごとに体液と血が飛ぶのが分かりました。やっぱりWeekly Caningや週3回ケインの時のような「鬼尻」状態は、過去のものとなっておりました。

後半はオジキも加わって下さり、本来ならば痛めた首に悪いので、ケインや鞭はなしになるはずのところ、送別ケインという特殊な状況に合わせてケインで叩いていただきました。もちろん、オジキが叩いたのは「新お尻」だったのは言うまでもありません。

最後は家事奴隷マゾまで動員されて、ドミノ倒しケイン(説明は難しいので省略)で、「最初からやり直し」を数回やられて、新お尻と新新お尻(新お尻のもっと下=普通は太ももというところ)を叩かれ、送別ケインは無事(?)終了しました。

まぁ、僕もかなり人生無駄に長い事やっているので、何度か「人生の新たな旅立ち」をやっておりますが、ここまで豪華な送別式は経験したことがありませんでした。僕のお尻に忘れられない思い出ケインの痕を付けてくれた、鬼様とオジキに感謝です。それと、ついでですが、協力してくれた家事奴隷マゾと、これまたどういう訳か偶然にも初めてお会いできた馬山人さんにもThank Youでした。

新生活は期待10%、不安90%ではありますが、ゴキブリも真っ青な適応力のある僕のことなので、きっと大丈夫と思います。

あと、変態が普通に変わるわけでも、鞭フェチをやめるわけでもないので、このブログは引き続きダラダラと続けます。 

と、ここで終わりにしようと思ったら、思いがけず鬼様から写真のプレゼントをいただきました。BlogPhoto150127-01.jpg
このマゾは僕ではありませんが。ケインプレイ直後の鬼様です。素晴らしい笑顔がお見せできないのは残念ですが、雰囲気はわかりますよね(^^!)。 文字だけのつまらない記事を最後まで読んだマゾさん達に鬼様からのプレゼント!!



Tumblr

多分お気付きの方も多いと思いますが、最近Whipping Mistressという名前でTumblrをやっております。

文章を書くことが主体のブログに対して、写真を見せることが主目的のTumblrというのが僕の中での位置付けなのですが、、。

これが中々難しい。

BlogPhoto151221-01.jpg
今までで一番反応があったのが、このイラスト。多分誰も目にしたことがなかったせいかと思いますが、、、。 

Blogは僕の好みを押し付けたり、言いたいことを言ったりと、目的が明確(?)なので、やりやすいのですが、Tumblrは今のところ迷走中。 もう少し続けて、方向性が見えてきたら続け、見えなかったら止めちゃおうと思ってます。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR