FC2ブログ

新井英樹さん

ユリイカの新しいホームページが出来ました。

というか、実際は7月20日にオープンされていたので、2ヶ月遅れですけど、、。

でも今日はその話ではなく、新井英樹さんのお話です。僕の知り合いで、Wikipediaを検索すると出てくる、多分唯一の人物です。
100001055270001.jpg
映画にもなったこの作品の著者です。

S__41623570.jpg
S__41623565.jpg
その新井さんが、ユリイカのHPに寄稿した記事です。

https://eureka-salon.com/2020/09/08/araicolumn2/
僕がグズグズ言う前に先ずこの記事を読んで下さい。 ここに出てくる「ケインおじさん」は僕です。

そもそも、ユリイカで僕が「鞭フェチM男」じゃなくて、「ケインおじさん」になっちゃったこと自体、僕的にはちょっぴり不満であり、その理由はこの複合語の前半の「ケイン」はその通りなのでよいのですが、「おじさん」という呼称がイマイチ納得していないのです。

現実としては、「おじさん」ですらかなりおまけしてもらった呼び方なのですが、僕の気分はず〜っと学生時代のままなので、「おじさん」というよりは、「お兄さん」とか「兄ちゃん」という方がぴったりくるのであります。

それはともかく、、。

22CEDC96-CF28-4238-A3CF-92239B31932D.jpg
多分この時か、その前後のユリイカでの話を書かれているのですが、概ね事実にそっていますが、多少の訂正をさせてもらいたいと思います。

「この道に本格的に目覚めたのは50代後半だから。」というのは、ちょっと勘違いと思われます。僕のマゾは多分DNAから来ており。その意味ではゼロ歳からのマゾなので、別に50代後半で目覚めたわけではありません。ただ、僕が心の中で描いていた本物のミストレスに出会うまでには、長〜〜い道のりがあり、漸くそういう女主人(鬼さまではありません)に出会ったのが50代後半だったという話です。 まぁ、話の本筋とは無関係などうでも良い話ではありますけど、、。

もう一つは、「その作業はケインおじさん同様、ルイ子さんを慕う40代M男のHさん。女王様を寵愛を奪い合う奴隷同士のドラマが交錯するとは言い過ぎか?」という下りですが、ここもちょっと難癖つけたいところです。
ちょっと前の僕のブログ記事でも書きましたが、鬼さま=ルイ子さん(様)はPublic Property=公共の資産です。そしてこのHこと僕の後輩マゾと僕はその理解に於いては共通しています。従って寵愛を奪い合うという感覚はありません。多分ですが、この手の作業をしている時の気分としては、「自分の方に火の粉が飛んでこないように、アホな失敗をしないように注意してやる。」という感じで、叩かれているマゾのことなどは殆ど頭の中にありません。

さて、新井さんの記事の本質とは無関係の細かいことはさておき、この記事を書いた新井さんの「真正マゾか否か疑惑」ですが、僕は新井さんは僕や後輩マゾのHのような「DNAマゾ」というよりは、後天的な「知的マゾ」だと思います、

その理由は新井さんがSMの世界にアプローチした環境が関係します。新井さんをこちらの世界に連れてこられた(引っ張り込んだいという言い方もありますが)は、オジキ=ゆみこさんです。新井さんとオジキの間には、映画という共通の話題があり、映画を通じてお互いを認め合った後に、オジキが新井さんにユリイカというおもちゃ箱を開けて見せたという経緯だったと思います。

多分ですが、元々知的好奇心が人一倍強かった新井さんにとって、ユリイカという遊園地の光景は、とても刺激的だったのではないでしょうか? 人間元々M性やS性は、量の多寡はあるとしてもゼロではないので、オジキという最高の水先案内人に案内されて、ユリイカ海に乗り入れてしまった結果、知的好奇心が物凄く強く反応して、いまは興味津々というところではないかと想像します。

僕や後輩Hのように、元々マゾで、長いこと自分の住める場所を探した結果、鬼様やらユリイカに辿り着いたのとは、ちょっと違うカテゴリーに分類すべきかと思います。

このSMという海は、ユリイカ海もあれば、もっと外洋の無限の広がりのある=よくわからん世界もあるので、新井さんの知的好奇心を満足させるまでには、まだ大分時間が掛かるのではないかと想像します。でも楽しみがいっぱいあっていいですよね!





スポンサーサイト
[PR]

初DAZ

Genesis80911-01.jpg
意味不明の画像でスミマセン。

でも、ある意味ではこれは記念すべき処女作なのであります。

初DAZのイラスト、と言ってもわからない人には分かりませんね。

DAZ Studioという3Dのイラスト作成ソフトがあります。

「憧れのお尻叩き百景」

ここの日本ばなれした素晴らしく素敵な妄想画像は全てDAZ3D Studioで作成されています。

僕の頭の中にも何通りかの妄想シリーズがあり、長年にわたって熟成発酵させておりますが、そろそろそのいくつかを具体的に画像化したくて、ついにDAZ Studioにチャレンジしてみました。

でもしかし、DAZ Studioはいままで僕が使ったソフトの中でも屈指の敷居の高いソフトで、初歩的な使い方を理解するまでにとてつもなく時間が掛かってしまいました。

結局、基本的なポーズと衣服はDAZで作成し、その画像をPhotoshopにexportして、僕の得意な加工(ケインを持っていただいたり、マゾのお尻をあかくしたりなど)を行い、顔や髪の毛のチューニングとさらにテキトーな背景を配置して合成するという部分をPhotoshopでやるという形でなんとかここまで漕ぎ着けました。

DAZには、有料で色々なオプションがあり、それを利用すればかなりハイレベルなミストレスの画像も作れるらしいというのは分かってきたのですが、その手の投資(オプションは全て有料)はもう少し理解が深まってからやりたいと思います。

まだダメダメな画像ですが、どうすれば良いのかが多少理解出来たので、これから少しづつ進歩させて行けると思います。

なにしろ、長年溜め込んだ妄想の具現化という強力なモチベーションがあるので、なんとかしたいと思っております。

取り敢えずはご報告。

追記:そういえば、DAZからPhotoshopにexportしたファイルサイズが巨大(250MB以上)なのに驚きました。このせいで、僕が出先で使っているWindows PC(512MB SSD + 8GBメモリ + 第4世代Intel Core i5)ではDAZがまともに動かないのだと思いました。取り敢えず自宅のデスクトップのMac Mini (512MB SSD + 8GBメモリ + 第5世代 Intel Core i5)では普通に動いているで、CPUの差なのか、MacとWindowsの差なのか分かりませんが、、。

でも、この9年目のMac MiniもOSが最新版から2世代古くなってきたし、DAZをフルに動かすにはちょっと役不足かもしれません。妄想画像作るために新しいMac買うことになるのかな?


自作マゾ最高峰

ちょっと前に自作のパドルやらコード鞭の記事を書きましたが、、。

そういうのが、恥ずかしくなっちゃうようなスゴい自作マゾ発見!

180708-01.jpg
180708-04.jpg
このレザーパドルを作っちゃったマゾがいます!!写真の質の高さが既にこのマゾがどういうヤツかを示していますが、スゴいレベルの作品です!

180708-02.jpg
柄とレザーを止めているビスを隠すプラグだって、市販品とは思えません。そして、ディテイル部分の作り込みと仕上げの美しさも素晴らしい。皮の厚みは8mm以上ありそうです、、?

180708-03.jpg
そしてグリップの滑り止め。見事に機能とデザインが融合しています! スゴいセンスだとおもいませんか? そもそも、この柄の部分の木だって、選び抜かれた材質みたいだし、、。

180708-05.jpg
そしてこのマゾのご主人様の手にあるレザーパドル。ご主人様が初めて(自分に)使う前に撮りました、と自慢気なコメントが付いておりました(笑)!

世の中スゴいヤツがいるもんですね〜!

専門外シリーズ

専門外ではありますが、なんだか目に止まったシリーズ。

180705-01.jpg
これだけだと、フ〜ンという感じでスルーしちゃうのですけれど、、。

180705-02.jpg
ミストレスの手がこういうことになっていると、ちょっと話が変わります^^!。それにぺ◯スにもなんか金属っぽいものが嵌ってるし、、。

昔漫画で見た魔女の手みたい!

2018年

2018年になりましたね。 引き続き変態さん達向けに鞭とケインに関わる画像を集めて公開していきます。(つまり昨年から1mmも進歩しません。)

これといった根拠があるわけではないのですが、おめでたい日なので、Mistress Vixenです。

180101-01.jpg
SMっぽくねーじゃないかと怒っているそこの貴方、この手の何でもなさそうなお顔の方がドの付く痛い鞭やらケインを操るところで興奮するのが鞭フェチ系マゾの醍醐味なんですよ。

まぁ、今年もよろしく。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR