FC2ブログ

若村麻由美さん with Cane

とても素敵な若村麻由美さんの写真があったので、

171022-02.jpg

これにケインを加えてみるとどうなるかを試したくなり、やってみたのですが、

171022-01.jpg

予想通りというか、予想以上にいい感じの写真になった気がします。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

常盤貴子さん

170926-01.jpg
キリッとした顔立ちの美人女優、常盤貴子さん。かなりFemdomな魅力もお持ちですが、最近見かけないなぁと思っていたら、今年最高のテレビドラマ「やすらぎの郷」で、準主役級のコンシュルジュの松岡伸子役を好演しておられました。

その常磐貴子さんの、ちょっとFemdomな魅力が見事に発揮されたシーンがあったので、ご紹介したいと思います。

ちょびっと話が長くなって恐縮ですが、このシーンの背景を少し、、。 テレビの発展に寄与した関係者に、人生最後の時を安らかに過ごせる場所を提供する「やすらぎの郷」。そしてその創設者で、元海軍士官で芸能界のドンとも呼ばれて恐れられた加納英吉。 その加納英吉が99歳で亡くなったのだが、その死は理事長夫妻と菊村栄などのごく少数の関係者以外には秘密とされていた。だが、勘の鋭いコンシェルジュの松岡伸子はどうやら加納英吉が亡くなったらしいと気づき、機会を捉えて菊村を問い詰める。
というシーンなのですが、この時の常盤貴子さんがとてもFemdomだったのであります!!

170926-02.jpg
まずは、菊村が密かに愛する榊原アザミからの郵便を餌に菊村を捕捉する伸子。

170926-03.jpg
「ちょっと、いいですか?」 と言いつつ、「よくありません」とは怖くて言えない雰囲気。

170926-04.jpg
獲物の菊村を事務室に追い込んで扉を閉めます。

170926-05.jpg
ガチャンと扉が閉まる音と、ドアノブを引く伸子の手。 このシーン恐ろしくマゾ神経刺激度が高く、このシーンを撮らせたディレクターさんは、ほぼ間違いなくマゾか、最低でもマゾ神経を理解している方です。

170926-06.jpg
追い詰めた獲物の菊村を睨む伸子。その唇にかすかな笑みがあるところがますますFemdom.

170926-07.jpg
一生懸命に質問の答えをはぐらかそうとする菊村と、それを問い詰める伸子。

170926-08.jpg
菊村の出まかせの嘘は全然通用していません。

170926-09.jpg
それなら、体に聞いてみましょうか? という雰囲気で菊村を見下ろす伸子。

てな感じで、見どころ満載な動画を見たい人はこちら

今回の記事は、マゾの中でもかなり妄想好き偏差値の高いマゾ向きなので、そうじゃなかった人にはゴメンナサイ。

それにしても、こんな素敵な女優さんを使いこなせる脚本家が倉本聰さんしかいないとは、、。

武井咲さん その2 with 馬山人も〜そ〜


先日書いたこの記事、「武井咲さん」で馬山人さんのも〜そ〜スイッチが完全にオンになってしまったらしく、Club Carnetのボーイ林くん(多分馬山人本人をイメージしていると思われます。)を主人公にした秀逸な妄想ストーリーを書いてきてくれました。

あまりに出来が良いので、コメント欄だけに置いておくのはもったいないと思い、武井咲さん2回目用に集めていた写真を配置して、Photo Sotryに仕上げました。 史上初の馬山人と鞭フェチM男のコラボで〜す(爆)!

Photo Story「赤革の笞」

170820-03.jpg

林は真面目で有能なボーイなのだが、年に一回ぐらい、お客さまのズボンに水を零すようなドジを踏んでしまう。
170819-12.jpg


その夜、閉店後のミーティングのあと、
「林さんだけ、ちょっと残って」
170820-02.jpg
と、元子さまに居残りを命じられ、林は血の気が失せる。2ヶ月ほど前、元子さまから受けた折檻の恐ろしさが蘇る。恐れ慄きながら元子さまを待つ林であった。

化粧を落とし、私服に着替えられた元子さま。
170820-05.jpg
その手に妖しく煌めく、赤革の笞。
犀のペニスで作った、シャネル特製のシャンボクである。
180819-13.jpg

剥き出しのお尻を、真紅のシャンボクにたっぷりと可愛がられ、林は涙を流して許しを乞う。林の懇願を無視して、無慈悲に笞をふるい続ける元子さま。
170820-10.jpg
しかし、林には、元子さまを恨む気持ちが全く起きない。
それよりも、なぜか、もっと元子さまに苛められたいような、奇妙な感覚を覚えるのであった。

3ヶ月後。今度は、仕事中に元子さまに見惚れてしまって、また折檻。
そのまた3ヶ月後。今度は、仕事中に元子さまを全然見なかったからといって、また折檻。
そんな理不尽な…
170820-11.jpg

実は、元子さまは、いらいらなさったり、お気に召さないことがあると、被虐馴致した林のようなボーイを折檻してストレスを発散なさるのであった。
170820-01.jpg


そればかりではない。
元子さまは、「使える!」と踏んだ上客は、手練手管で籠絡し、元子さまの鞭撻を歓ぶマゾに仕立て上げるのであった。
ボーイと違い、そういう上客を折檻するときは、美しく化粧し、和服に身を包んで行う。
170820-06.jpg

政治屋のオッサンも、フィクサーのジジイも、この手でホイホイ。
元子さまに真紅のシャンボクで可愛がって欲しいばかりに、狗のように尻尾を振る。
元子さまはこうしてのし上がってきたのであった。
170819-08R2.jpg

恐るべし、赤革の笞。


という感じでした。面白かったら、また馬山人に頼んで別の妄想ストーリーとかでやってみたいので、コメント欄で評価してくださいね。

草刈民代さん

ドラマ「やすらぎの郷」が素晴らしいドラマだと申し上げましたが、その中でFemdom系マゾのマゾ心を最も刺激して下さっているのが、草刈民代さんです。 役としては「やすらぎの郷」の創設者の娘で、事務局長のような立場の女性です。

ちょっとキツめのお顔と、これまたちょっとぶっきらぼうな話し方がなんとも素敵なのですが、マゾ心刺激度で言うとその立ち居振る舞いの美しさが一番です。立ち姿、腰掛けたときの姿、歩く時の姿、全てが一流のバレリーナだったキャリアを見事に反映して、美しいの一言に尽きます。

170812-01.jpg
ごく自然な立ち姿。 全体のバランスが素晴らしい。

170812-02.jpg
ちょっとキツめだけど、表情豊かなお顔。ビジネスライクな髪型も似合っていて素敵です。

170812-03.jpg
腰掛けた姿もこの美しさ! 横顔も凛としていてカッコ良いですね〜。

170812-04.jpg
横顔のアップ。 首の角度が美しく見えるポイントのひとつかな?

170812-05.jpg
最後に立ち姿をもう一つ。 肩がちゃんと張っていて、堂々とした立ち姿です。

実はこの一連の場面は、かなりコミカルなシーンなのですが、それはそれとして、草刈民代さんの美しい姿に見とれておりました。

武井咲さん

今頃気付いたのか?と小うるさい先見マゾに叱られそうですが、、。

テレ朝のドラマ「黒革の手帳」の武井咲さん、素敵ですね〜〜。

スクリーンショットで何枚か撮って、良いものを選ぼうと思ったのですが、全部良いので全部並べちゃいます。

170810-01.jpg

170810-02.jpg

170810-03.jpg
これは第3話の冒頭のシーンで、怒り狂って怒鳴り込んできた元同僚の女を軽くあしらっているところですが、うっすらと笑みを浮かべつつ、冷淡な雰囲気を漂わせているところが、マゾにはたまりませんです。

170810-05.jpg

170810-06.jpg
そのお顔のアップ。冷たくて、意地悪そう、、。 理想的な女主人の雰囲気ですね。

170810-07.jpg

170810-08.jpg

170810-09.jpg
これは、見事に和服が似合っているカット。 スラリとした肢体を和服に包んだ姿が美しい!! 

170810-10.jpg
でもこの方、少女マンガの絵みたいに、おっきな目をされてますね! 

このおっきな目が、様々に変化して、マゾ心を刺激してくれるみたいです。


黒革の手帳と言えば、この方の代表作と言うイメージもあり、とても美しく、役としても似合っておられましたが、マゾ心を刺激するという点では、武井咲さんに軍配が上がりそうです。
170810-11.jpg


今回の黒革の手帳はまだ3回しか終わっていないので、あと7〜8回は楽しめそうです。

プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR