FC2ブログ

スパンキングマシーン修理

大分前の話になりますが、スパンキングマシーンを修理した時の話です。

スパンキングマシーンを買ってから、最初はケインだったのですが、そのうちヘアブラシとか、バスブラシとかパドルとか、段々と重量のある、「お尻叩き道具」を試していった結果、

壊れました。

SpankingMachine-01.jpg
これがスパンキングマシーンを分解したところです。ほぼ完全に分解したので、スパンキングマシーンを構成する全てのパーツを見ることが出来ます。

大雑把に言うと、画面の上にあるのが、ケースの上と下で、下のケースにはモーターとスイッチが収まっています。

下の左側に置いてある金属パーツが、スパンキング動作を発生させる部品です。一番左がトルクバネというパーツで、これがこのマシーンのキモになっている部品です。その隣の長い棒状のものが、モーターとつながって回転するロッドです。その右側にある3つの部品で、ロッドの回転をトルクバネに伝えて、スパンキングの動作を生み出しています。

下の右側の黒い部品とバネは、ケース最上部の蓋みたいなもので、この部分でスパンキングする強度を調節しています。

つまり、このスパンキングマシーンは、
*先ずモーターが回転し、
*モーターの軸に繋がっているロッドが回転し、
*ロッドの先端についているアルミのブロックがトルクバネを引っかけて、バネを捻じり、
*バネの先端が、蓋の溝の端まで行くと、そこでバネを押す力が解放されて、バネが最初の位置に戻る。
*このバネの戻りの力で、スパンキングを行っている。
という具合になっています。

従って、スパンキングする強さはバネの捻じれ強度によって決まっていて、もしもっと強力にしたければ、捻じれ強度の高いバネを使い、そのバネを捻じることが出来る力のある強力なモーターを付ければ、パワーアップすることも可能かと思います。

IMG_4205.jpg
これがモーターの先端に回転するロッドを付けたところです。ロッドは特に固定されておらず、モーターの軸の先にささるだけです。
このモーターはとても低い回転数で回る=トルクが強いモーターで、その力でトルクバネを捻じってスパンキング動作を発生させています。

IMG_4206.jpg
これがトルクバネです。ちなにみこれは先端部に補強用のチューブを付けた改良型です。

僕のスパンキングマシーンも、このトルクバネの先端部が折れたので、こういう構造にすればよいのになぁとおもっていたら、その通りになっていました。

実はこの修理の過程で、このスパンキングマシーンのメーカーのおじさんとメール友達になって、トルクバネやアルミブロックなどのパーツを送ってもらえるようになりました。

最近の日本の電気メーカーさんは、カスタマーサービスセンターとやらに、マニュアルを読み上げるだけのお姉さんを置いて、ユーザー自身による修理には「完全非協力」、全てメーカー派遣の修理屋さんによる高額な有料修理になっていますが、このスパンキングマシーンについてはそういうことはなく、東洋の果てで自社製品を分解して修理しようとしているもの好きのおじさんを色々と助けてくれて無事修理完了させることが出来ました。

最後に、もし僕と同じスパンキングマシーンを持っていて、壊れちゃったという人がいたら、このブログのメールフォームを通じて連絡下さい。ほぼどんな修理でも対応可能です。費用はパーツ代と送料の実費だけで構いませんので、気軽に相談してくださいね。




スポンサーサイト
[PR]

コロナに負けないユリイカ精神

あっという間に世界を覆い尽くしたコロナ禍ですが、それを通して見えてきたものもかなりある気がします。

優秀な政治家とそうでない人。優れた行政機構を持つ国とそうではない国。日本という国のあり方を改めて見直す機会が与えられたことは確かなので、それを無駄にする国民ではないことを示さなくてはいけませんね。

そして、もう一つ見えてきたことが、どうもこの手の緊急事態では女性の方が優れているらしいということ。

ドイツのメルケルさんをはじめ、台湾の蔡英文総統、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相等々、今回のパンデミックの中で、迅速かつ適切な処置をして国民の命と生活を守り、高い支持を得たのはみんな女性の指導者でした。 その反対極にいるのが大国の男のトップ達で、この禍の卸元の国から始まって、英国、アメリカ、そして日本まで、男の指導者共は何をやっているんだ??という印象です。

この国では、我慢強くて従順な国民性におんぶに抱っこで、このパンデミックを乗り切ろうという政府の魂胆が見え見えですが、その中でも、「今やるべきこと」を迅速にできているのは、やはり女性のリーダーがいる組織が多いという印象です。

そして、ゆみこさんの下に100%女性だけで構成されている、ユリイカも例外ではないようです。

どうやら、緊急事態宣言が出るかなり前から考えておられたようなのですが、コロナ休業中のユリイカの新企画を教えてもらいました。

以下その紹介です。

S__29466668.jpg

コロナ自粛期間も長引き、EUREKA #STAYHOMEと題して、こんな企画を考えました。

①ZOOM
→YouTubeでイカ嬢のオンライン飲みをリアルタイム配信!Twitterをチェックしてね!
200504-02.jpg
https://twitter.com/KagamiYumiko/status/1254489595124658176?s=20

200504-03.jpg
https://twitter.com/KagamiYumiko/status/1252341988529078278?s=20
これはzoom配信での「SMしりとり」の様子です。 いつものユリイカでは見られない、リラックスしたイカ嬢様たちの様子がかなり魅力的です。


②FANBOX
→イカ嬢達のたくさんの写真や長い動画等々をお届け!https://saloneureka.fanbox.cc/
ユリイカならではのfemdomに浸って下さい。※収益はユリイカ存続に充てます。
200504-01.jpg
この鬼様の動画をはじめとする、イカ嬢の出演の動画が準備されています。 Fanboxの有料バージョンではこの鬼様の動画もフルバージョン(40分を超える長さ!)で見られるらしいです!!

Fanboxは、pixivのアカウントを作れば(アカウント作るのは無料でできます)入れます。アカウントがないと有料コンテンツにはアクセス出来ませんので、よろしくです。

https://twitter.com/KagamiYumiko/status/1251333360951062531?s=20

ショートバージョンの動画はこちら。

③TICKET
→フルタイム2回分のお得な引換券を販売!詳しくはこちらから~ http://saloneureka.booth.pm/

自粛中に少しでも楽しんでいただけたら。
そしてユリイカで、また逢える日までの企画となります!

これだけのことを短時間で準備して実行に移したのは、ゆみこさんの持ち前の企画力&プロデュース力もさることながら、イカ嬢のみなさんの全力での協力もスゴいと思います。イカ嬢さんたちの、ユリイカ愛の深さ、強さに、ちょっと感動です。

というわけで、ボケ〜としている我々マゾ男としても、微力ながらユリイカの新企画に乗っかって、ユリイカ応援をしたいと思います。

人にどうこう指図する立場ではありませんが、マゾのみんなもよろしくね〜!

Stay Home-Corporal Punishment

Don’t know where this is and I don’t condone being dangerously beaten with such heavy implements (not sure if it’s a baton or a cricket bat). I got sent this and thought I’d share it. Spectacular bruise blooming and real CP though.

https://twitter.com/i/status/1248978827763748864

Mistress BatonのTwitterから。

トーカさんのブログ

https://twitter.com/wa_ruiko
鬼様が朝霧リエさんのツィートをリツィートされていたのですが。

http://blog.livedoor.jp/tabetabemuimui/archives/30717674.html
トーカさんのこのブログ記事、言葉が無いほどの内容です。
191108-01.jpg

この生き方をして来たトーカさん、今このブログを書けるトーカさん、この表現力を持ったトーカさん。素敵です。

マゾのブログで紹介するのはもったいないような内容ですが、読んでみて下さい。

これを読んで、何をどう感じるかは、自分自身の鏡かもしれませんよ。

ナグネラジオの一華さん

ナグネラジオというラジオ番組(らしい)が始まりました。

その中に、柊一華さんがホステスを務める、「スナック柊」というコーナーがあります。

190831-01.jpg

そして、記念すべきその第一回のゲストは、オジキ=ゆみこさんです。

https://www.youtube.com/watch?v=4NijThcFHzE
YouTubeにアップされているので、こちらから聞いてみて下さい。

一華さんとオジキによる、SM&マゾの今昔から、最近のコンプライアンス狂いの世の中への警鐘まで、幅広い話題がカジュアルに語られていてとても素敵です。

そして、このお二人が過ごしている毎日の濃厚さが、世の中の標準値を大幅にオーバーしているのが、会話のあちこちで垣間見えるのが面白かったです。

多分こんな感じで、カジュアルに、でも中身はぎっしりという感じの会話が聞けると思われるので、ユリイカでお世話になっているマゾや、このブログの定期購読者(数はごく少数と思われますが)にはお勧めです。

プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR