FC2ブログ

Mistress Laura Lee 様 何回目か

僕が大好きなMistress Laura Lee様の特集です。 この方、ナチュラルに意地悪そうというか、意地悪な表情がとても似合うといいうか、先天的Mean Mistressという感じで大好きです。
BlogPhoto1130-01.jpg

で、本日はマゾ男カウンセラーのLaura Lee様。
BlogPhoto1130-04R.jpg
相談聞いている段階で、もうかなり意地悪^^!

BlogPhoto1130-03.jpg
で治療というか、カウンセリングの結果はやっぱり鞭打ち!!

BlogPhoto1130-02.jpg
心なしかちょっとふっくらされた気がしますが、ますます意地悪感アップで大歓迎です。

BlogPhoto1130-05.jpg
こちらの写真でもちょっとふっくらされているのが分かりますよね。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ドキッ!

出会った瞬間ドキッとする写真やイラストがあります。

BlogPhoto1128-01.jpg
本日一番のドキッ! 二人の表情、視線から、画面の外に誰かが居る様子ですが、、。それより女性の右手がドキッです。親指が微妙な場所に置かれてるし、、。 よく見ると男の子は前掛けみたいなもの着てるし。 色々と妄想の広がる写真ですよね!

BlogPhoto1128-02.jpg
これはかなりフツーな写真ですが、ミストレスの見事なおみ足にドキッ! このアングルで撮影したカメラマンに座布団一枚^^!

BlogPhoto1128-03.jpg
こういうの、かなりドキッします。 いかにも50年代風のアメリカ女性!! ちょっとお行儀悪い座り方と、コートを直接素肌の上に着ているらしいきわどさにドキドキ!

BlogPhoto1128-04.jpg
全くフツーなミストレスのお尻イラストですが、見事に美しいのでドキッ! 何で脚の間から鎖が垂れているか不思議といえば不思議ですが、このイラスト僕のPCのデスクトップ画像にしようっと^^!

一見すると

あまりFemdomに見えないのですが、鞭フェチとかドマゾとか言われる人種にとってはやっぱりFemdomという写真やイラストです。(かなりこじつけっぽいと既に思っています、、)

BlogPhoto1126-01.jpg
これなんか、パドルが写っていなかったらただのファッション写真にしか見えませんよね。 でも超スレンダーでブーツの似合う黒人女性とスゴく痛そうなパドルというのは中々魅力的な組み合わせではないでしょうか?

BlogPhoto1126-03.jpg
この場合どこがFemdomなのかと言えば、見事に美しいお尻とストッキングの後のシームラインと赤いハイヒールではないでしょうか? よく考えるとあり得ない組み合わせなのですが、やはり病院Femdom妄想に繋がる気が、、、。

BlogPhoto1126-02.jpg
これはちょっと不思議な雰囲気のイラストであります。 画面奥の壷(瓶?)から顔を出したアニメキャラクターみたいな坊やとワンちゃんに向き合っているFemdomミストレス。どう解釈したらよいのか不明ですが、このミストレスの後ろ姿なあまりにも美しいので、載せちゃいました。

号外

最近ちょっと話題になっている、深田恭子さんのこの写真:
KyokoFukada1122-01.jpg
賛否両論あるみたいですが、個人的にはとても素敵だと思います。

KyokoFukada1122-02.jpg
もちろん、こういうふっくらした深田恭子さんは全然オッケーですけど^^!

まぁ、このブログの主旨と全く無関係ではないかもしれない情報でした〜。

次の目標

お尻がほぼ鬼様の満足出来るレベルに仕上がったと思われるので、次の目標である『新お尻』調教に拍車が掛かって来ました。 

で、本日は拷問プレイ!!

実は鬼様が先日の僕のプログ記事を根に持っていたらしい、、(本人はさっきまで忘れてたと主張されていましたが、、)。
スミマセン、その記事は過激画像があるので限定公開になっておりますが、その中で僕が、
『実は同じ太腿でも、もの凄く痛いところとそうでもないところがあり、それを鬼様に悟られない様に同じように悲鳴を上げる努力をしつつ(どこが『そうでもない』かは最高レベルの企業秘密で内緒!!)ひたすら時間の経過を待ちます。』
と書いた部分がカチンと来ていたらしく、その部分に因縁をつけられて、拷問されることになりました。

『あのさぁ、ここの中でも痛いところと、痛くないところがあるんだって?』(と僕の新お尻をかなり強く叩きながら鬼様。)

『拷問して聞き出そうかなぁ〜』 と言っている内容とは正反対の鬼様特有ののんびりした口調。

で、どういう拷問かというと、結局新お尻をケインで叩きながら、ペ○スに低周波を流すという手法です。

『ここかなぁ、、』 バシッ。

『いや、こっちかなぁ、、』 バシッ。

『反応の違いじゃわかんないなぁ、、』 バシッ、バシッ、、。

『ウソの反応してるかもしれないしなぁ、、』 ビリ〜ッ!!

という感じの拷問でした。 で、この拷問の問題点は、鬼様が納得しないと『吐いた』事にならないという点にあります。
もうひとつの問題は、これは鬼様には内緒でしたが、鬼様が拷問官だと僕は『嬉しいな〜〜』状態になっているという点でした。 多分北朝鮮に拉致されて、オッサンの拷問官に苛められたら1分で吐いていると思いますが、鬼様に拷問されたのでは、拷問耐久力100倍です^^! 

天才的拷問官とも言える鬼様が、色々と打つ場所やら打ち方を変えて新お尻を叩いた結果、とうとう僕の重大企業秘密も鬼様にバレてしまいました。それは太腿とお尻の境目の巾にして約2cm程の部分で、太腿の上側を狙って打つと、割合良く当たる場所だったのです。

『ねぇ、ここ?』 バシッ。

『でも、ウソついて私を騙してるかもしれないしなぁ〜』 バシッ、と全然違う痛い場所を叩く鬼様。

『やっぱ、こっちじゃないの』 バシッ。

『ヒィ〜、ち、違います〜〜』 激痛で本当の悲鳴を上げる僕。

という、言い掛かり以外の何者でもないやり取りをかなり続けた結果、漸く鬼様の拷問が終わりました。

その後は、

『暫く話す必要ないから。』

といういとも簡単明瞭な理由で、ドラゴンケインを咥えさせられた上で、企業秘密の部分を避けた新お尻ケインが延々と続きました。悲鳴を上げている内に、涎がドンドン出て来て(口が閉じられないので)、涎をだらだら流しながらという情けない状態で、段々と強くなって行く新お尻ケイン調教をうけていたのですが、、、。

最後に鬼様がドラゴンケインに持ち替えて、ほぼ80%くらいの力で打ち始めた時に、ある変化が起きました。

激痛なのに、痛いだけじゃない何かがある!!

お尻でも極タマに感じることがある、あの感じです。 鬼様調教恐るべし!! どうやら、鬼様の新お尻調教は、その第一段階を超えたみたいです。 痛いのに、何だか、どこかで嬉しいという感覚を、新お尻で初めて感じました。
まぁ、痛いことに変わりはないので、辛い事は辛いのですが、、、。

今日僕を拷問した鬼様はこんなスタイルでした!!
BlogPhoto1122-01.jpg






地味目 第3弾

BlogPhoto1118.jpg
そもそもこういう感じのお尻叩きには、殆ど興味がなかったのですが、何故かこの写真はいいなと思いました。
恐らく、使っているレンズのせいでAudrey Knightさんの手が大きく写っていることと、Audreyさんの表情に加えてお尻の色でかなり痛そうな感じがするからかな?

継母さんのお仕置きという妄想には適しているかも、です。

BlogPhoto1118-02.jpg
地味かどうかもちょっと微妙な写真ですが、、。 差し出されたブーツの底を見るか、鞭を見るかによって印象は変わると思います。 僕の場合、先に鞭に目が行って、ふと気付いたら差し出されているブーツに気付いたというパターンなので、遅れて気付いたことでお仕置き〜、という妄想が成り立つかもしれません、、。微妙ですけど。

BlogPhoto1118-03.jpg
わかりやすい写真ですね。若いお母様のお仕置きです。 何と言っても、紺の水玉ドレスがいい!! もちろん、ベルトを振り上げたお母様の表情も好きです。

毛皮を着たBulwhipping その2

前回の記事はこちら

何しろ重そうな毛皮のコートを着たままでブルウィップを振るうというパターン自体が他で見た事ありません。その上、このミストレスのブルウィップは本物だ〜!(鬼様と同じレベル^^!)

BlogPhoto1116-01.jpg
でそのミストレスはこんな方。ちょっと大人で、かなり性格キツそうないい感じのミストレスです。

BlogPhoto1116-02.jpg
鞭がしっかりマゾの体に巻き付いて痛そう^^!。 何気なく見えますが、これだけブルウィップを振るのはかなり大変。体を折り曲げて少しでも逃げようとしているマゾの姿も、痛さが伝わって来ていい感じですね^^!

BlogPhoto1116-03.jpg
こちらは体に巻き付いた鞭が離れる瞬間かな? ミストレスが鞭をちょっと手元に引きつけていますね。 こうされると痛みが30〜50%増になります。(>_<)

BlogPhoto1116-04.jpg
僕的には結構好きな、体の後側から鞭が巻いて来るパターン。でも見事に鞭がコントロールされてますね! のけぞるマゾの気持ち分かる〜。

ブルウィップの巻き鞭は中々慣れる事が出来ない痛さですが、それだけにブルウィップで打たれると支配されてる実感が強くて結局好きな鞭ということになるのでした〜。


地味目 第2弾

誰からも褒められてませんけど、構わず地味系第2弾。 こっちは前回よりもさらに地味かも、、。

BlogPhoto1114-02.jpg
Nu West/Ladaの1シーンですが、かなり好き。 いかにも『仕事中』という感じで、M男のお尻の具合(かなりヤバい感じです)とか、悲鳴とか一切無関係という雰囲気がいいなぁと思います。

BlogPhoto1114-01.jpg
これもNu West/Ledaからですが、実はこの写真、僕の好き度No. 1の写真なのです。 
聞きたくないかもしれませんが、勝手に説明しちゃうと、先ず叩かれている若い男の子の痛がり具合がよいです。(本物の鞭打ち感が出てますよね。) 続いて男の子を叩いている女性の冷酷な表情がスゴイ! さらにこの方の体のバランスがすごくカッコ良くて、如何にも痛そうな鞭を振るってくれそうです^^! 最後にそんなお仕置きを普通に眺めている二人の女性。 この空間では、男の子が酷い目に遭うことが当たり前という雰囲気を醸し出しています。
という訳で、シチュエーションマゾとしての僕にとっては(シチュエーションマゾについてはこちら)、夢のようなシチュエーションになっているのであります。

地味目

本日はかなり地味な画像ばかりです。でも、僕的にはある意味でとてもお気に入り画像です。 共感してくれる人いるかなぁ、、?

BlogPhoto1112-01.jpg
地味なFemdomイラストです。主人公は画面(向かって)左側のケインを振り上げている女性ですが、僕は中央のちょっと安藤美姫さんに似た雰囲気の女性のセリフが気に入っております。
『机に抱きついて、つま先で立ったままで、お尻を高く突き出しているのよ』という、かなり当たり前なセリフなのですが、そう命じられて叩かれる自分を想像してドキドキしてしまいました。

BlogPhoto1112-02.jpg
さらに地味な、スパンキングベンチに拘束されたM男。でも、お尻と太腿を長時間に渡って叩かれるには、体の他の部分に負担がかからないこのスタイルが一番良いと思いました。一台欲しい。

BlogPhoto1112-03.jpg
新お尻(一般的には太腿後側)調教がある程度進んだら、次に調教されそうな場所の一番手。太腿の前内側。痛そうですね〜〜。でも、自分と無関係じゃないところにドキドキ。

という地味系三連発でした。

二人とも(笑)

先日鬼様とお茶した時に聞いた面白い話を皆さんに言いつけです!!

それには、例の家事奴隷マゾが絡んでおります。(笑)

理由はよく分からんのですが、前回家事奴隷マゾが鬼様とセッションした時の希望は、『ケインプレイ』だったらしい。

家事奴隷マゾは、ブレコンやら針やら、鬼様が好きなプレイを(半分強制で)お付き合いしており、僕からすると『よくやるよな〜、アイツ.』ということになっているのですが、ケインは特に専門にしているわけでもないのに、何故かケインだったらしい。

それで、鬼様はもちろん『ノー』というわけないので、目出たくケインプレイが始ったらしいのですが、、、。

経験者はお分かりと思いますが、ケインは(鞭も)最初の5分くらいの間、かなり痛い状態になります。 ケインで叩かれると、『痛い』時間は波の様に訪れるのですが、その最初がこの5分間。

と、そこで家事奴隷マゾが鬼様に中断を申し入れた挙げ句、

『○○○(家事奴隷マゾの名前)から折り入ってお願いがあります.』と言ったらしい(笑)。

もうこの段階で、聞いている僕としては、その瞬間の空気が分かる気がして、面白くてしょうがなかったのですが、その匂い伝わってるかなぁ、、?

鬼様は、普段ならそんなの軽く無視するところだったのだが、面白いので聞いてやる気になった(本人談)、とのこと。

『今日は、わざわざケインをお願いして申し訳ないのですが、何か別のプレイに変えていただけないでしょうか?』

鬼様相手に、この手の『申し入れ』をする家事奴隷マゾも面白いけど、それを聞いた鬼様の反応もサイコーでした。

『・ ・ ・ ・ ・』

と無言で答え、しばらくの間『折り入っている』家事奴隷マゾを眺めた後で、

『じゃぁ、そこに両手付いて』

と、家事奴隷マゾの『折り入ってのお願い』が空気中で消えてしまったように、完全無視で、何事もなかったようにケインを続けたとのこと(爆)!!

さらにおもしろかったのは、『折り入ったお願い』をした家事奴隷マゾも、観念したように無抵抗だったらしい(笑)。

この空気感、面白過ぎて思わずコーヒを吹きそうになったのですが、皆さん分かってもらえたかな? 二人とも、ステキというか、面白い人達ですね〜!

069b.jpg
これはサービス。 この写真に写っているマゾは家事奴隷マゾではありません。


全く別件ですが、本日『ブロ友申請』をいただいた、Txxxxcxxx24様:
当分の間、ブロ友は
1.直接会ったことのある方 又は
2.ブログ等を運営されていて、こちらがその記事内容を見て判断出来る方
に限定をさせていただいておりますので、今回は申請をお受け出来ませんでした。悪しからず。 
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR