FC2ブログ

口直し

突然の守備範囲拡大やら、勝手なゲイSMプレイの報告やら、フツーのSM好きな人達に眉をひそめられそうな記事が続いたので、ちょっと口直し。

BlogPhoto150130-01.jpg
やっぱりこっちの方が何倍(何百倍)も格好よいな〜!

BlogPhoto150130-02.jpg
どうせ恥ずかしい格好するなら、女主人の前に限りますね^^!

CassieCane.gif
久しぶりのCassieさんのケインで、ちょっとすっきりして下さい〜!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

一人KHP?

最初にお詫び。

前回の記事で『ミストレスだけ』から『ミストレスとマスター』への守備範囲拡大を大声で宣言しましたが、今後はご主人様管理下の場合のみ『マスターも可』に軌道修正、規模縮小します。

一応、実際にゲイのS男さんとプレイしたみた結果、僕にはゲイの嗜好がゼロであることが改めてハッキリとし、そうなるとS男さんは単なる『S男役の道具』になってしまうので、フツーのマゾ x ゲイのS男という関係は、お互いの利害関係が一致しないことが分かったからです(当たり前?)。 それからもうひとつは、後で詳しく述べますが、ゲイのS男には本格的な鞭好きは少ないか、ひょっとしたら居ないのではないかと思われたことも関係します。

まぁ、冷静なマゾさんたちが、『バカだなぁ〜』と嘲笑っているのが見える様ですが、僕の場合この腰の軽さというか、実際にやってみて、失敗して学ぶパターンが取り得といえば取り得なので(負け惜しみ >_<!)、まぁしょうーがないかと開き直っておきます。

でも、一応プレイはしてみたので、そのご報告。

最初のプレイはお相手の方が『浣腸マニア』の方だったので、浣腸、浣腸また浣腸でした。やはりそれぞれの世界でマニアという方はいるもので、この方は完全な浣腸マニア! 持参されて来たガラス製100mlの浣腸器を僕に見せながら、『この半透明の感じが何とも言えないでしょう!!』と同意を求められました(>_<!)。彼のご自慢の浣腸器は25,000円くらいする高級品なのですが、彼としては『500mlのヤツがアメリカで売っているらしいが、それは200,000円くらいするけど絶対欲しい!!』と言っておられました。 この方は今回のドタバタの中で一番印象に残ったマニアさんでした。

BlogPhoto0130-01.jpg
この半透明感が大事らしい、、。
BlogPhoto0130-04.jpg
グリセリンの原液。 普通の浣腸では2倍程度にうすめるらしいですが、今回は原液100ccの浣腸でした〜。
BlogPhoto0130-02.jpg
何となく親しみのあるイチジク浣腸。子供の頃に便秘をすると母親にこれを見せられて、その日のうちに便秘解消したことが何度かあった気がする、、。

最初がお湯、次がイチジク浣腸、さらにグリセリン原液の浣腸と、だんだんにキツくなって行くパターンで、お相手の方曰く『泣きながら糞もらすまで我慢させる』というプレイでした。

結果は、泣きながらもらすところのかなり手前で排便させてもらったので、あまり悲惨なことにはなりませんでしたです。自分が意外に浣腸耐性があることに却ってビックリしたくらいです。
で、思ったのが、この浣腸プレイというのは、フツーのSMでもっとメジャーに使われてもよいのではないかと言う事です。例えば、鬼様がよくやる『お盆の水をこぼすな』とか『手の上の氷のボールを落とすな』とかいう意地悪パターンとしては、かなり有効だし、浣腸した後でアナルプラグで栓をして極限まで我慢させるというお仕置きにも使えそうで、その上繰り返し出来るので中々面白いと思うのですが、どうかな?

肝心のゲイプレイの方ですが、メインはおちんちんを舐めるフェラとお尻を犯すケツマンで、両方とも初体験はしましたが、これがどうも、『一人KHP』という感じでした。 KHP=強制・ホモ・プレイですね、、。つまりマゾがご主人様に強要されて、好きでも何でもない『男』の性器を舐めさせられたり、『男』から犯されたりするというプレイですが、今回はそれを自作自演でやっているという雰囲気でした。その為僕にとっては、お相手の方のペニスは『鬼様のペニバン』(経験ないですけど)の代用品という位置づけになってしまい、なにやら申し訳ない気が致しました。 そして、受身のケツマンは代用品扱いでまだ良かったのですが、こちらが能動的になる必要のあるフェラの方は、ちょっと難しい心理操作が必要でした。
つまり、僕が男のおちんちんを舐めるというのは、全く性的興奮を伴わず、ひたすらやりたくないことをやらされるので、究極の陵辱というか、人間落としに遭っていると自分に言い聞かせてやっておりました。 

BlogPhoto0130-05.jpg

BlogPhoto0130-06.jpg
写真は両方ともイメージでボクではありません^^!

そうそう、今回ゲイSMで色々調べたり、ゲイの方々とコンタクトをしてみて分かったのですが、もしかするとゲイSMでは『残忍で冷酷な鞭打ち』というのは殆ど存在しないかもしれないということです。 『ハードSM!!』と張り切っているお兄ちゃんでも、ちょっと話してみるとハードなのは、フェラとかケツマンをいっぱいやりたいという意味か、普通に威張りたいだけのヤツが偶然ゲイだったかのどちらかで、『ハード言葉責め』なんていうのが登場するくらい『???』な世界でありました。結局ゲイSMというのは、ゲイセックスがやりたくて、その味付けにSMが付け足されている印象が強かったです。という訳で、鬼様レベルの鞭でマゾを泣かせてやる!!というゲイS男さんはいませんでした。考え様によりますが、ゲイの人達はセックスをしたいのが優先というかなり『正常な変態さん達』で、純粋に『鞭で屈服させて支配欲を充足させればそれで満足』といった、鞭フェチマゾが求めるみたいな純度の高い『ド変態さん』は少ないのかもしれません。 もしこのブログを読んでいるハード鞭打S男さんがいらっしゃいましたら、是非お話聞かせて下さい。

で、2日程間を空けて、ゲイSM体験第2弾は25歳の『中年のオジさんを調教したい』という希望を持つS男君でした。彼には、第一回の経験を踏まえ、ゲイセックス的な事は出来ませんよと伝えた上で、鞭打ちのみのプレイでした。


BlogPhoto150130-07.jpg
鬼様のケイン画像を見慣れた方には、恐ろしく平和に見えると思われるお尻画像。鞭打ち終了後8時間くらいで撮影したものです。まぁ、見た目の通り殆どダメージの無い鞭打ちでした。それでも25歳のゲイS男君は、こんなにちゃんと叩いたのは生まれて初めてと結構喜んでくれました。
その後は雑談タイムで、こっちの世界のミストレス達のスゴい話を少し聞かせてあげたら、かなり生真面目な彼は『是非勉強しに行きたい(調教を受けに行きたい)』と決意を語っておりました。ホントにいい奴だったなぁ(笑)。

で、このゲイSMの世界を覗きに行ったプチトリップの総括ですが、、。
先ず、鞭については、完全にコチラの世界の鞭が優位で、わざわざゲイの世界に出掛ける必要はありません。
鞭以外のプレイ、例えば浣腸とか、アナル責めとか言ったプレイについては、好みはあると思いますが、プレイとしては成立すると思います。ただ、プレイとして成立するという事と、心が反応するといことは別問題で、その辺を割り切れる場合はよいのでしょうが、僕の場合はちょっと難しいなと思いました。
最後に本格的なゲイセックスプレイですが、これはゲイの気がゼロなので、ご主人様に『ヤレ』と命じられた場合以外は無理ですね。だからKHPというプレイがあり得るのだと思いますが(笑)。


というわけで、僕は今年も鬼様のケインでヒーヒー言わされることにしま〜す!。




守備範囲拡大

突然ですが、我がマゾライフの守備範囲を『ミストレスのみ』から、『ミストレスとマスター』に拡大しようと思います。

元々ゲイの気はさらさら、1%もないのですが、そこが『マスター』まで守備範囲を拡大する理由です。

つまり、僕が男に鞭で打たれたり、自然の成り行きでアナルを犯されたりするのは、僕から見て『正常なSM』の領域を超えた、変態度が高い『異常なSM』ということになります。そして、その『異常な』変態行為をしてみたくなったという訳です。

この話を鬼様にラインで報告したら、最初は無視されたのですが、翌日ラインが来て、
『後輩の家事奴隷マゾに○○(僕の名前)の2015年の抱負を話したら、引いてるよ〜』
と仰って笑っておられました^^!

まぁ、このブログの読者も含め、僕が突然男にケツを貸したりしたら、皆さん引くのは充分分かりますが、本業のフツーのマゾをヤメる訳ではなく、より変態度の高いマゾを目指してみるということなのでご理解願います。

ちなみに、僕がゲイのマスター探しをしていて発見した事実がひとつあります。僕のフツーのマゾライフは、一種の恋愛の変形だということです。従って女主人を求める過程では、普通の恋愛と全く同じく女性としての好みにもウルサい事を言いたくなるのですが、男が相手だと全く気にならないのです。つまり、ゲイのSMはあくまで『変態行為』自体が目的なので、相手の男は一種の道具扱いで不細工だろうが何だろうが気にならないということに気付き、ちょっとおかしくなりました。

BlogPhoto0123-01.jpg



僕の最初のゲイSMは、どうやら中年真面目風リーマンのオジさんから浣腸されてもだえる、浣腸プレイになりそうな雲行きです。フツーのマゾとしては全く経験の無いプレイ内容なので、どうなることやら^^!
また改めてゲイSM初体験の報告しますね〜。(聞きたくないか、、。)

Comtesse Monique 様

鞭フェチはもちろん、レザーフェチとかストッキングフェチとかにもお勧めのミストレス。

Comtesse Monique
僕の頼りない英語の知識では、Comtesse=伯爵夫人、ということになると思うのですが、、。 でもそのお名前に全然負けてないです、この方!!

BlogPhoto0119-01.jpg
鞭フェチの一番のお気に入りはこれ! エナメルのワンピースが格好良過ぎて心臓に良くないです、、。

BlogPhoto0119-02.jpg
これも鞭フェチというか、マゾ好みの一枚。舐めろと命じられているのか、これから踏まれるのかは勝手に妄想して下さい。

続く3枚は、見る人によってはFemdomに見える写真達。

BlogPhoto0119-03.jpg
多分レザーフェチが即死すると思われる一枚。普通のマゾでも心臓バクバクです^^!

BlogPhoto0119-04.jpg
ピアノと伯爵夫人という組み合わせがFemdomではない、という変わり者が居たらこの写真を見せてやりたい。脚フェチも死んじゃうかもしれませんね^^!

BlogPhoto0119-05.jpg
伯爵夫人が僕の上司であっても全く問題ありません。この人なら、ナッツの出し方で飛行機引き返させたりしないし、お茶が熱過ぎるといってお尻ケインで叩かれても、絶対訴えたりしません!!

続いて、一瞬の動きの中にエレガントなのに強烈な色っぽさが魅力的な写真です。 もちろんマゾの好物と思われます。

BlogPhoto0119-06.jpg
あちこちでマゾが倒れているかもしれないですね、、。 目の前でこんなシーンに出会ったら本当にヤバいと思います。

BlogPhoto0119-07.jpg
この場合、鞭フェチとしてはこれからOTKでお尻お仕置きされるという妄想に繋がりますが、普通のマゾの場合は素敵なおみ足で踏まれる妄想になるのでしょうか?

久方ぶりに見つけた、ショッキングなくらいステキなミストレスでした。

お尻、いい感じ。

いい感じのお尻写真を2題。

BlogPhoto150113-01.jpg
前にも一度見た事があるのですが、この手枷X足かせいいなぁと思います。これで拘束されてパドルで叩かれたお尻。かなりいい感じになってますね^^!

BlogPhoto150113-02.jpg
これはちょっと僕の分野とは筋違いのM/Mスパンキングの写真みたいなのですが、この形でヘアブラシでお尻を叩くって、グッドアイディアだと思います。結構叩きやすようだし、、。このお尻もかなりいい感じに痛めつけられております。

ヤバい、こんな記事書いていたら、ヘアブラシでお尻叩かれたくなって来た、、。

専門外(担当外?)

僕の専門外であり、鬼様の奴隷としても担当外ではありますが、、。(担当は家事奴隷マゾです。)

BlogPhoto150111-01.jpg
Femdomなイメージとしては中々素敵だと思います。

BlogPhoto150111-02.jpg
奴隷の立場を思い知らせる、という点では鞭と同じかそれ以上に効果的かもです、、。

BlogPhoto150111-03.jpg
時間と場所がない場合は、バケツ一つでも出来るし、、。

BlogPhoto150111-04.jpg
鬼様はご自分のダンジョン作ったら、こんな感じの水車みたいな装置を置きたいと仰っておられました。

あくまで担当は家事奴隷マゾなので、他人事ですけど、、ハハハ、、。

キャメロン・ディアスさん結婚

BlogPhoto150108-02.jpg
僕も大好きなハリウッドを代表する女優さんの一人、キャメロン・ディアスさんが結婚したらしい。 ご自分の恋愛関係を隠そうとはしておられなかったので、今までも結構色々と話題にはなっていました。一番最近ではニューヨークヤンキースのAロッド君とのお付き合いなんかも記憶に新しいところです。でも、女優さんとしては一流で、別に結婚とかしなくてもいいじゃん、という感じに見受けられたのですが、何か心境の変化でもあったのでしょうか?

金髪&青い眼で、昭和の白人女性コンプレックスマゾには、ほぼ完璧な女主人候補の方ではありました。

BlogPhoto150108-01.jpg
42歳でこの美しさ。でも、最近は日本の女性の40代も皆さんキレイになったので、驚くほどのことはありませんね。

BlogPhoto150108-03.jpg
まぁ、僕が好きなのですから、当然どこか意地悪な雰囲気がなければなりませんが、この方の場合『口』ではないでしょうか? バランス的にはかなり大きめな口と存在感のある唇をちょっとゆがめるだけで、大変Femdomな匂いがすると思います。

BlogPhoto150108-04.jpg
ちょっとお若い頃の写真みたいですが、胸も結構暴力的^^!

BlogPhoto150108-05.jpg
でもやっぱり最大の魅力は唇&眼の表情ですね!!

BlogPhoto150108-06.jpg
で、キャメロン・ディアスさんが鞭を持った写真というのは、存在しないみたいなのですがこの写真は如何ですか? Russian MistressのMistress Elenaなのですが、雰囲気が似ていませんか? 


Winter Femdom

夏のリゾート地での開放的なFemdomも好きですが、冬の厳しい寒さの中のFemdomにも憧れがあります。

BlogPhoto150106-01.jpg
冬のFemdomの定番と言えば、雪と毛皮(もちろん女主人)と裸のマゾですよね。 身分の違いが温度差ではっきり現れるので、もの凄く分かりやすいですね。

BlogPhoto150106-05.jpg
どうやらSardaxさんも同じイメージみたいです^^!

BlogPhoto150106-02.jpg
このマゾは寒そうにしておりますが、よく見るとブーツを履かせてもらっているので、その分大分楽をしております。 ちなみにこのミストレスはMistress Tanyaですね^^ (言われなくても分かる人は分かりますよね。)

BlogPhoto150106-03.jpg
今回の一番のお気に入りは、ヨーロッパのどこかにあるこの廃墟っぽい建物でのWinter Femdom。 寒さの中で引きつっているところを鞭で叩かれたら痛そう〜!!

BlogPhoto150106-04.jpg
鞭で叩く合間に、マゾに見せびらかしながら暖か〜い飲み物を飲むなんていうのも、素敵ですね!!

BlogPhoto150106-06.gif
最後はちょっと地味ですが、冬の森の中での鞭打ち〜! セーターとジーンズの女性も素敵ですね!!

冬はマゾの妄想の季節だと思うのですが、皆さんいい妄想してますか?

たった一枚で満足シリーズ

新年早々にスゴい写真をみつけちゃいました。

BlogPhoto150104-01.jpg
ルイ・ヴィトンの旅行バッグを肩に、右手に和風柄の風呂敷包みを持って、颯爽と歩く白人女性の後に従う日本人の赤帽さん。 もしこの写真が本物ならば、昭和30年代ころの写真かと思う雰囲気です。
この赤帽さん、僕の憧れの立場です!! 

確か、『毛皮のヴィーナス』の中でも、ゼヴェリーンがワンダのお供をしてフィレンツェまで旅をするシーンがあったと思うのですが、女主人のお供で荷物運び奴隷というのは、鞭フェチの憧れのひとつであります。

それ以外にも、何通りもの妄想が頭の中に渦巻いちゃうくらい素敵な写真だと思うのですが、、。

初夢?

何時の夜に見るのが初夢だったかハッキリ覚えていないのですが、まぁ昨晩ないし今晩ではあると思います。

で、鞭フェチM男が見たい初夢は?

BlogPhoto150102-01.jpg
こんな感じのちょっと先生とか家庭教師っぽいヒトに、この写真みたいなドラゴンケインで、

BlogPhoto150102-03.jpg
お尻こんな感じになるくらい叩かれる夢とかみたいな〜。

というあまりにも分かりやすい話でスミマセン。

ついでに、
BlogPhoto150102-02.jpg
こんな感じのスパンキングベンチで、お尻叩かれたり犯されたりするのもイヤじゃないですけど、、^^!(初夢リクエストのナンバー2ということで、、。)

今年もよろしく〜!
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR