FC2ブログ

Sadistic Elegance

久しぶりに登場のLady Pascal様。

実はこっそり隠れてやっているTumblrに動画をアップしています。

https://www.tumblr.com/blog/whippingcaningfetish

その動画から作ったGIFアニメです。

180620-01.gif
Lady Pascalのお家のBack yardで、粗相をしでかした間抜けな下男をお仕置きという感じです。

180620-02.gif
お金持ちのLady PascalのBack yardなので、マゾを吊り上げるのも電動式!!

180620-03.gif
クールなLady Pascalが楽しそうな笑顔を浮かべているのが素敵!!

180620-04.gif
ブルウィップでのお仕置きですが、あまり酷い打ち方ではないみたいです。

でも、Lady PascalのSadistic Eleganceを楽しむにはいいでしょう?

これはヤバい。

このスカートとぴったりとブラウスがフィットしたウェスト、ハイヒールの靴、さらにこの胸というコンビは、OTKでお仕置きされるお膝としてはヤバすぎる気がします。

180619-01.jpg
まぁ、胸はここまで凄くなくてもよい気がしますけど、、。

自作ツール

マゾの分類の中に、色々な責め具を自作する「自作マゾ」というのがありますが、僕には今まで無縁の存在でした。

ただしかし、最近暇な時間が増え、田舎の隠れ家の方に色々と道具が揃ってきたので、ちょっと自作シリーズに手を出してみました。

180615-01.jpg
先ずは一番簡単なパドル作りから。材料はホームセンターで売っている 1 x 4 材(厚さ19mm、幅89mm)のホワイトウッドです。これはジグソーでカットするラインを引いたところ。

180615-02.jpg
ジグソーでカットし終わったところ。写真の中央に見えているちょこっと飛び出した突起が、ジグソーの刃です。これはジグソーをヒックリ返して、作業テーブルの下側に固定し、刃だけをテーブルから出している状態。この方がジグソーを手に持って切るよりも真っ直ぐ、正確に切りやすかったりします。

180615-03.jpg
15mmの孔を開けたところ。ボール盤があるので、この手の作業は楽なもんです。

1 x 4材のパドルは作業時間1.5時間程度で一応形になりました。でも、色々と改善すべき点がみつかり、この第一回試作品は僕専用としておきます。パドルはやはり木の材質が一番大事で、バビンガとかその手のアフリカ原産の重くて堅い木で作るのが一番ですが、そのためにはジグソーもプロ用の本格的なヤツがないとキレイに切れそうにありません。(と言って、新しい道具を買う理屈をつけている、、。) それ以外にも曲線部分にキレイにヤスリをかけるボールサンダーとか色々欲しい道具が増えてしまいました〜。
ちゃんとしたパドルが作れるようになったら、鬼様専用パドル作って使っていただこうと思います。

160615-04.jpg
続いて、木製柄付き電気コード鞭。電気コード鞭はすごく威力があって、魅力的な鞭なのですが、当然のことながら商業生産はされていません。そこで、木の柄が付いた使いやすい電気コード鞭を試作してみました。この写真は、2枚の細い木の間に電気コードを埋め込んで、接着剤を付けて固定しているところ。

160615-05.jpg
電気コードが柄から抜けないように、途中で2箇所針金を使って固定しています。

160615-06.jpg
全ての角に丸味を付けて一応出来上がったところ。本当はもっとちゃんと丸くしたかったのですが、持ってみるとこの状態で問題なく使えそうなので、一応完成としました。塗装はせずにウッドワックスを塗っただけです。Latheという機械を使えば、角材を丸く加工出来るし、簡易型のLatheはドリルを利用して作れるので、次回はLatheを使って丸い柄のついた電気コード鞭を作りたいと思っております。

電気コード鞭は、下手な一本鞭よりも遥かに強力で、陰惨な痛みを与えることが出来る鞭ですが、材料が材料なので商業生産はされておらず、自作のテーマとしては中々面白いと思います。今後も色々やってみるつもりです。

自作マゾの系列には、木工系以外にも電気系とか革系とか色々なタイプが居るようで、中にはプロ真っ青の職人堅気のマゾもいるようです。僕は性格的にそこまでは行かないと思いますが、地味にちょこちょこやってみますね〜。


Mom & daughter femdom

欧米人好みのFemdomストーリーの一つです。

180614-01
ボーイフレンドのマゾが、Femdom なガールフレンドとそのママに苛められるというストーリー。

二人共いい味出してますよね。特にママが素敵。

自分で鞭打たれる準備するか、この母娘の前から消えるかの二択みたいです。

どっちの場合も貞操帯の鍵は外してもらえないらしい!

欧米マゾの好みが全部入っているところが可笑しい(^ ^)。

Sjambok

180612-01
究極のケインとも言えるSjambok(シャンボク)です。黒い革と赤いマニキュアのコントラストがナイスですよね!

180612-02
でも何故か、次のシーンが学校っぽい。

180612-03
お仕置きにSjambokとか使う学校があったら、入ってみたい!

背中鞭打ち

何度か書いたことがありますが、僕はお尻鞭フェチで、背中は弱いんです。
180612-01R.gif


だから、こういう背中への鞭に憧れたりもします。痛そうだな(>_<)!

教育的指導

どこかのパブリックスクールで、生徒係の先生が教育的指導を終えたところ、という妄想です。
20180611131142ad0.jpeg

かなり厳しい指導だったみたいですね(^^)!

Femdomイメージ

お気に入りのFemdomイメージ画像を二つ。

180610-01.jpg
最初は白衣の女医様かと思ったのですが、レースのフリルとかがついているので、白いガウンを羽織った女主人のようです。 下男だか奴隷だかに靴を舐めさせている様子が自然で素敵です。

180610-02.jpg
こちらはFemdom夫婦っぽいですが、僕の好みとしてはやはり女主人と下男がいいです。まことに日常的な光景でそこが素敵。まぁ、女主人のピンヒールが非日常な気もしますけど、、。

この二つの写真に共通していて、凄く魅力的なのが、女主人の表情が「ごく当たり前」という雰囲気なことです。憧れますね!

Mistress Jo !!

最近新しい動画や画像が殆ど見られなくなっていた、Mistress Joの画像(らしい)です。

180609-01.jpg
マゾのお尻もMistress Joのお仕置きらしく、だいぶひどいことになっております^^!。

僕はこのミストレスが本当に大好き!なんです。

ほぼ完璧(2題)

これはほぼ完璧だ〜、という写真を2点。

その1。
180608-01.jpg
典型的なケインミストレス。白いサテンのブラウス、レザーコルセット、乗馬ズボンにピカピカに磨かれたニーハイブーツ。これ以上は無理という感じの鞭フェチ妄想系ケインミストレスです。モデルはTamara Kenworthyさん。

その2。
180608-02.jpg
これは「ほぼ」じゃなくて、完璧なケイン写真です。緊張し、力の入った手足の筋肉(しかもすらっとして美しい)、半ケツ状態に剥き出しにされたマゾのお尻、さら〜にケインがヒットした瞬間に大きく変形しているお尻と、これ以上は望めない完璧なケイン写真でした。 ミストレスはCassie Hunterさん。

プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR