FC2ブログ

ファイト!

満島ひかりさんのパフォーマンス、すごいです。



やっぱりこの人には特別な何かがありますね!!
スポンサーサイト
[PR]

Public Property

自分が年寄りと自覚せざるを得ない年齢になり、世の中の役に立つよりは、邪魔にならないことにエネルギーを使わなければならなくなりました。

僕の理想の年寄りは、「機嫌のよい年寄り」です。ジジィが不機嫌な顔をしているだけで、世の中の空気が悪くなるので、せめていつも機嫌よくしているジジイとして息をしていたいと思っています。

そして、今日は若いマゾに対してちょっとだけお役に立つかもしれない話をしたいと思います。

ジジイの自慢話は聞く価値皆無ですが、失敗に基づく話には耳を傾けた方が、人生のリスクを軽減出来るかも、です。

マゾやっていて、恐らく最初にぶつかる壁が、自分のイメージするSMと現実のギャップではないかと思います。

小説やら、映画やら、最近だとネット上に氾濫している動画や写真を通じて、自分好みのSMの世界を作ったのは良いのだけど、いざ実践になったら、「全然違うじゃん!」というパターンですね。

僕はこれでかれこれ20年近く、SMクラブに行く度に、「二度と来ないぞ!」と思っていた気がします。

最近は、本格的なドミナが在籍するラシオラのようなお店や、オジキのユリイカのような素晴らしい場所があるので、そういうところからSMライフを始めれば、素敵なドミナに出会う確率もかなり高くなると思います。

でもしかし、マゾという複雑怪奇な生き物にとって、それで全てが解決か?という話になると、どうもそうではないかもしれない、という気がしております。

DomRuiko200821-01.jpg
例えばの話ですが、鬼様は恐らく僕がSMライフで最終的に出会ったドミナです。

この最終的というところが結構大切で、鬼様に出会うまでに色々落胆させられたり、素敵なドミナに出会ったのはいいが、こちらが一方的に依存してしくじったりと、散々失敗を繰り返した最後に出会ったので、鬼様という強烈な個性を持ったドミナに対処する知恵が出来ていたのではないか?と感じています。

その知恵ですが、別に難しい話ではなく、鬼様みたいなほゞ完璧なドミナという生き物は、

Public Property = 公共の財産

より正確に言えば、全国のマゾにとっての「公共の財産」と思えるようになっていたということです。

僕も独占は出来ないけれど、結局誰のものにもなることのない人だということが、自然にわかっていたので、余計に苦しまずに済んでいる気がしています。

鬼様からたまに若いマゾの話を聞くことがありますが、若くして鬼様みたいなスゴいドミナに出会ってしまったが故に、

「何時まで、この苦しみが続くのでしょうか?」

みたいなことになっているパターンが結構あるみたいです。

自分が若かった時のことを考えると、「わかるなぁ、その気持ち。」ということになるのですが、その苦しみは多分終わることは無いと思います。最終的にPublic Propertyと付き合っているというところに落ち着くまでは、、。

でもね、恋をすれば今まで知らなかった「苦しさ」を味わうことが出来る、という名言もあるくらいだし、どっちみちマゾなので、苦しむのも悪くないか、とも思ったりします。

まぁ、楽をしたければ、鬼様みたいなドミナには、人生後半の4コーナーを回るくらいまでは会わない方がよいという、年寄りの余計なお世話の独り言でした。






Miss Jessica Wood様

ヒョンなきっかけで、英国の代表的なWhipping MistressのJessica Wood様と、相互リンクを貼らせてもらうことになりました!!

Photo200818-01.jpg
Jessica Wood様のホームページはこちら。

そして、Twitterはこちら。

Jessica Wood様に関連した記事もあるので、読んでみて下さい。
http://whipmistress903.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html

http://whipmistress903.blog.fc2.com/blog-entry-1057.html

http://whipmistress903.blog.fc2.com/blog-entry-1142.html

http://whipmistress903.blog.fc2.com/blog-entry-1192.html


https://www.missjessicawood.co.uk/links#collapseFive
Jessica様のブログ内のリンクはこのページの上から4番目のDomination Stories and Blog Linksの中にあります。

Sofia Coppolaさん

正しくは映画監督というカテゴリーなのでしょうが、女優さんもやっておられたので、Actressというカテゴリーにしました。

SofiaCoppola-02.jpg
Sofia Coppolaさんです。映画監督として確固たる地位を確立されましたが、、、

SoffiaCoppola-01.jpg
僕はこの名作、God Father Part IIIで、マイケル・コルレオーネの娘で、いとこのアンディ・ガルシア演じるヴィンセント・マンシーニに恋をするメアリー役のSofia Coppolaさんがとても印象的でした。典型的な美人ではないけれど、魅力的なお嬢さんを見事に演じていました。

オヤジのフランシス・フォード・コッポラさんが監督だったので、自分の娘を準主役にしやがって、と批判する人もいたようですが、僕はキャスティングとしては大正解だったと思っています。

SofiaCoppola-03.jpg
多分2018年のローマ歌劇場の日本公演の時に来日された際の記念写真のSofia Coppolaさんですが、並んで立っていらっしゃる草刈民代さんも美しいですね! 立ち姿で外人と並んでヒケを取らない人というのは珍しいですが、さすがに草刈民代さんの立ち姿の美しさは見事です。

SofiaCoppola-04.jpg
とても素敵な方なので、僕の尊敬の念を込めて、お仕置き用のパドルを持っていただいた写真。お尻叩かれたくなるでしょう?



Lara Pulverさん

Lara Pulverさんという英国の女優さんが素敵です。

英国のエセックスで1980年生まれということなので、今40歳とちょっとという感じですが、僕の継母様妄想の世界ではこれ以上ないくらいピッタリのイメージをお持ちです。

LaraPulber200806.jpg
これはどっかのマゾが、Lara Pulverさんの写真を使って作ったセリフ入り妄想写真ですが(日本語は僕が勝手に入れました。)、この雰囲気素晴らしくないですか? 聡明で厳しい継母様という僕の理想的妄想上継母様の完璧なイメージです。

BlogPhoto150501-02.jpg
そしてお家に帰った後は当然ながらこういうことになり、、。(この画像もどこかのマゾの妄想写真です。)

こうしてみると、Lara Pulverさんの持っている素敵な継母妄想オーラには、僕だけじゃなくて海外マゾも反応をしているということですよね。

スパンキングマシーン修理

大分前の話になりますが、スパンキングマシーンを修理した時の話です。

スパンキングマシーンを買ってから、最初はケインだったのですが、そのうちヘアブラシとか、バスブラシとかパドルとか、段々と重量のある、「お尻叩き道具」を試していった結果、

壊れました。

SpankingMachine-01.jpg
これがスパンキングマシーンを分解したところです。ほぼ完全に分解したので、スパンキングマシーンを構成する全てのパーツを見ることが出来ます。

大雑把に言うと、画面の上にあるのが、ケースの上と下で、下のケースにはモーターとスイッチが収まっています。

下の左側に置いてある金属パーツが、スパンキング動作を発生させる部品です。一番左がトルクバネというパーツで、これがこのマシーンのキモになっている部品です。その隣の長い棒状のものが、モーターとつながって回転するロッドです。その右側にある3つの部品で、ロッドの回転をトルクバネに伝えて、スパンキングの動作を生み出しています。

下の右側の黒い部品とバネは、ケース最上部の蓋みたいなもので、この部分でスパンキングする強度を調節しています。

つまり、このスパンキングマシーンは、
*先ずモーターが回転し、
*モーターの軸に繋がっているロッドが回転し、
*ロッドの先端についているアルミのブロックがトルクバネを引っかけて、バネを捻じり、
*バネの先端が、蓋の溝の端まで行くと、そこでバネを押す力が解放されて、バネが最初の位置に戻る。
*このバネの戻りの力で、スパンキングを行っている。
という具合になっています。

従って、スパンキングする強さはバネの捻じれ強度によって決まっていて、もしもっと強力にしたければ、捻じれ強度の高いバネを使い、そのバネを捻じることが出来る力のある強力なモーターを付ければ、パワーアップすることも可能かと思います。

IMG_4205.jpg
これがモーターの先端に回転するロッドを付けたところです。ロッドは特に固定されておらず、モーターの軸の先にささるだけです。
このモーターはとても低い回転数で回る=トルクが強いモーターで、その力でトルクバネを捻じってスパンキング動作を発生させています。

IMG_4206.jpg
これがトルクバネです。ちなにみこれは先端部に補強用のチューブを付けた改良型です。

僕のスパンキングマシーンも、このトルクバネの先端部が折れたので、こういう構造にすればよいのになぁとおもっていたら、その通りになっていました。

実はこの修理の過程で、このスパンキングマシーンのメーカーのおじさんとメール友達になって、トルクバネやアルミブロックなどのパーツを送ってもらえるようになりました。

最近の日本の電気メーカーさんは、カスタマーサービスセンターとやらに、マニュアルを読み上げるだけのお姉さんを置いて、ユーザー自身による修理には「完全非協力」、全てメーカー派遣の修理屋さんによる高額な有料修理になっていますが、このスパンキングマシーンについてはそういうことはなく、東洋の果てで自社製品を分解して修理しようとしているもの好きのおじさんを色々と助けてくれて無事修理完了させることが出来ました。

最後に、もし僕と同じスパンキングマシーンを持っていて、壊れちゃったという人がいたら、このブログのメールフォームを通じて連絡下さい。ほぼどんな修理でも対応可能です。費用はパーツ代と送料の実費だけで構いませんので、気軽に相談してくださいね。




プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR