FC2ブログ

痛い鞭は好き?

今日は文字ばっかりなので、ステキな写真が見たい人はパスして下さい。

ごくタマにですが、『鞭フェチさんは何で痛い鞭に耐えられるのですか?』と聞かれることがあります。

この質問への答えは中々一言では言えないのですが、大雑把に言うと:
1.酷い目に遭わされたいという『願望』と
2.肉体的な苦痛が限度を超えてから
の2段階に分かれる気がします。そしてそれぞれの段階で主たる理由が異なります。

1.の酷い目に遭わされたいという『願望』ですが、これは相手の女性に対する『好き』という気持ちと正比例します。つまり相手を好きになればなるほど、その相手に酷い目に遭わされたいという『願望』が強まります。つまり、『酷い目に遭わされたい』というのは僕の屈折した愛情表現で、『酷い目に遭わせてくれる』というのは相手の女性がそれを理解してくれたことなので、嬉しいということになるようです。ここまでは、ファンタジーが現実になるというレベルです。 余談ですが、僕から見ると『相手構わず苦痛を与えれる事自体が好き』というマゾが居たら、その人は僕とは別の種類のマゾということになりそうです。
2.の肉体的な苦痛が限度を超えてから、というのは今のご主人様を含めて二人のミストレスとしか経験がないのですが。鞭やケインで本気で叩かれると、ある時点から物理的な苦痛が精神的な喜びを超える段階に達します。その時点からは、もはや嬉しいとか喜びとかいう『気持ち』の部分は吹っ飛んで、只々『苦痛』だけが肉体を支配します。当然ですが、その状態に対して僕の肉体は防御本能を発動させます。『苦痛から逃れる』という唯一の目的が全てになるので、後で聞いたら『バカじゃない?』というような『言い訳』を口走ったりするのが最初で、さらに苦痛が続くと只々『止めて下さい』『もう打たないで』と哀願し続けることになります。当然体も動ける範囲の限界で苦痛から逃れようとします。それでも打たれ続けると、『服従』が顔を出します。それまで、苦痛に対して抵抗していた体が、抵抗を諦めて服従をし始めるようです。ただ、これもずっと続く訳ではなく、服従と抵抗が繰返しをするみたいです。この段階に踏み込むには、自分の力よりも鞭を振るう女性の側の気持ちの方が圧倒的に重要です。情け容赦なくこの世界に踏み込んでくれる人が相手じゃない限り、この段階には入る事が出来ません。理由は簡単で、僕自身は限界を超えた苦痛で、体が『拒否』をしているので、その様子を見ても全く動じることなく鞭を振るえる人でなければ、この段階の入り口で終わりになってしまいます。僕の経験的学習では、鞭を振るう女性が『もっと酷い目に遭わせてやる』という断固とした気持ちを持っていてくれることが最も重要で、もし相手の女性に少しでも躊躇する気持ちがあると、それを敏感に察知する『苦痛から逃れたい一心』がすかさずその心の隙に付け込み、ありとあらゆる言い逃れをして、そこで止めてしまうように持って行ってしまうのです。一方、全く動じる事のない女性を相手にしている場合は、その手の言い訳&言い逃れは出る場を失って、呆然としたまま次の段階に進んで行きます。

もう一つ別の要素が、『麻痺』です。同じところを続けて叩かれていると、その部分が痛みに対して麻痺状態になるみたいです。経験的には大体100回くらいを境に麻痺状態が訪れます。つまり苦痛の中でのちょっとした休息状態です。この時それを打ち手の女性に悟られないようにする事がとても重要です。(>_<) ただこの状態はずっと続く訳ではなく、せっかく麻痺状態で小康状態を得られても、ちょっと打ち方のリズムを変えられると、また酷い苦痛が襲ってくるので油断は出来ません。それでもある程度確実に訪れる『麻痺状態』を期待して、打ち始めからしばらくはこっそり回数を数えて、あと○回で少し楽になる、などと内心思ったりしております。

2.の段階の鞭打ちを受けるようになって、暫くして気付いたのですが、『今日は打たれる』という日には、朝から重苦しい気分になっています。もっと前には、今日はプレイの日だという時は浮き浮きしていたのですが、全く違う気分の自分を発見して驚いたことがあります。でもその時気付いたんです。『これが僕が望んでいたものなんだ』って。逃げ出したいくらい怖い鞭打ち、ってやっぱり魅力的だと思うんです。

ちなみにこの話は、お尻を叩かれる場合に限ります。これが太腿や足の裏などに変わった場合は、全く別の話になりますが、これはまた別の機会にお話ししようと思います。

多分誰の参考にも、役に立つ事もない話なのですが、、、。

文字ばかりで今年を終わるのもなんなので、最後に僕をケインで叩くご主人様のステキな姿を貼っておきます。
MyDom.jpg


ではよいお年を。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よいお年を~!(^^)

今年もお世話になりました

ブログ主さんが、ご自分のことをこれだけの分量でもってストレートに語られるのはなかなか珍しいのでは?大変興味深く読ませていただきました(特に“ステージ2“の方)。

今年は当ブログの復活という嬉しい出来事がありました。来年も宜しくお願いします。
どうぞ良いお年をお迎えください。

間違えて拍手コメントに書いてしまいました。

Re: No title

> よいお年を~!(^^)
ーーー明けましておめでとうございま〜す。

Re: 今年もお世話になりました

こちらこそ、再会(?)出来て良かったです。

機会を見て、ステージ3(?)の話も書きたいと思いますです^^!

遅ればせですが、明けましておめでとうございます。

Re: タイトルなし

拍手のコメント拝見しました。基本的に妄想の強いヤツ程マゾ度は高いと思います。後はミストレスとの出会いがあれば、妄想と現実が一致したマゾが出来上がると思います。その理由=僕のご主人様の回りのマゾが皆そうなっているからです。

鞭フェチM男さんへ

非常に興味深く読ませて頂きました。
特に、2段階目の、鞭を打つ側の女性の気持ちも必要になるというところが興味深かったです。ある意味、共同作業なんだって思いました。

100回くらいで麻痺状態になるというのは、私も経験がありましたが、2段階目の状態(限界を超えてからの状態)はまだ経験していません。
痕を残せる状態なったら一度経験してみたいと思っています。

Re: 鞭フェチM男さんへ

コメントありがとうございます。

共同作業というよりは、問答無用で強制する人が必要、という感じかな、、と思います。

痕がのこせるようになるって、どういう事なんでしょうか? 興味津々、、。

鞭フェチM男さんへ

返信有り難うございます。

>痕がのこせるようになるって、どういう事なんでしょうか?
既婚で、まだ子供が小さく、お風呂に家族で一緒に入ることがあり、痕が残ると、まずいことになってしまって、困ってしまうんです。肌が互いにみることがなくなるような時期になったら、痕は残せると思っています。

Re: 鞭フェチM男さんへ

なるほど。お子様の成長を楽しみにする理由が普通の人より一つ多い訳ですね(笑)!!
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR