FC2ブログ

次の目標

お尻がほぼ鬼様の満足出来るレベルに仕上がったと思われるので、次の目標である『新お尻』調教に拍車が掛かって来ました。 

で、本日は拷問プレイ!!

実は鬼様が先日の僕のプログ記事を根に持っていたらしい、、(本人はさっきまで忘れてたと主張されていましたが、、)。
スミマセン、その記事は過激画像があるので限定公開になっておりますが、その中で僕が、
『実は同じ太腿でも、もの凄く痛いところとそうでもないところがあり、それを鬼様に悟られない様に同じように悲鳴を上げる努力をしつつ(どこが『そうでもない』かは最高レベルの企業秘密で内緒!!)ひたすら時間の経過を待ちます。』
と書いた部分がカチンと来ていたらしく、その部分に因縁をつけられて、拷問されることになりました。

『あのさぁ、ここの中でも痛いところと、痛くないところがあるんだって?』(と僕の新お尻をかなり強く叩きながら鬼様。)

『拷問して聞き出そうかなぁ〜』 と言っている内容とは正反対の鬼様特有ののんびりした口調。

で、どういう拷問かというと、結局新お尻をケインで叩きながら、ペ○スに低周波を流すという手法です。

『ここかなぁ、、』 バシッ。

『いや、こっちかなぁ、、』 バシッ。

『反応の違いじゃわかんないなぁ、、』 バシッ、バシッ、、。

『ウソの反応してるかもしれないしなぁ、、』 ビリ〜ッ!!

という感じの拷問でした。 で、この拷問の問題点は、鬼様が納得しないと『吐いた』事にならないという点にあります。
もうひとつの問題は、これは鬼様には内緒でしたが、鬼様が拷問官だと僕は『嬉しいな〜〜』状態になっているという点でした。 多分北朝鮮に拉致されて、オッサンの拷問官に苛められたら1分で吐いていると思いますが、鬼様に拷問されたのでは、拷問耐久力100倍です^^! 

天才的拷問官とも言える鬼様が、色々と打つ場所やら打ち方を変えて新お尻を叩いた結果、とうとう僕の重大企業秘密も鬼様にバレてしまいました。それは太腿とお尻の境目の巾にして約2cm程の部分で、太腿の上側を狙って打つと、割合良く当たる場所だったのです。

『ねぇ、ここ?』 バシッ。

『でも、ウソついて私を騙してるかもしれないしなぁ〜』 バシッ、と全然違う痛い場所を叩く鬼様。

『やっぱ、こっちじゃないの』 バシッ。

『ヒィ〜、ち、違います〜〜』 激痛で本当の悲鳴を上げる僕。

という、言い掛かり以外の何者でもないやり取りをかなり続けた結果、漸く鬼様の拷問が終わりました。

その後は、

『暫く話す必要ないから。』

といういとも簡単明瞭な理由で、ドラゴンケインを咥えさせられた上で、企業秘密の部分を避けた新お尻ケインが延々と続きました。悲鳴を上げている内に、涎がドンドン出て来て(口が閉じられないので)、涎をだらだら流しながらという情けない状態で、段々と強くなって行く新お尻ケイン調教をうけていたのですが、、、。

最後に鬼様がドラゴンケインに持ち替えて、ほぼ80%くらいの力で打ち始めた時に、ある変化が起きました。

激痛なのに、痛いだけじゃない何かがある!!

お尻でも極タマに感じることがある、あの感じです。 鬼様調教恐るべし!! どうやら、鬼様の新お尻調教は、その第一段階を超えたみたいです。 痛いのに、何だか、どこかで嬉しいという感覚を、新お尻で初めて感じました。
まぁ、痛いことに変わりはないので、辛い事は辛いのですが、、、。

今日僕を拷問した鬼様はこんなスタイルでした!!
BlogPhoto1122-01.jpg






スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

いつも貴重な記事をありがとうございます。

この日は、鬼様のツィートにあった、電気、ケイン、ケイン、ケインの日のことなのでしょうか。凄い日だなあ、と思っていたのですが。

前半の拷問シーンは、鬼様と鞭フェチさんを知っているからなのか、興奮というか、コミカルで面白かったです(笑)

でも、「暫く話す必要ないから。」のシーンは、非常にぞくぞくってしました。

この記事を子供がたくさんいるショッピングセンターで見ていたのですが、一人だけ、別世界にいました(笑)

Re: タイトルなし

いつも、ナイスなコメントありがとうさんです。 ハイ、この日の電気、ケインの次のケインが僕でした(笑)。で、僕の次のケインが家事奴隷マゾでした(爆)。

拷問シーンは動画を撮ってを公開したら、殆どコメディーだと思います。

実は僕も記事を書きながら、『暫く話す必要ないから』のところで一番興奮しておりました^^!

あまりヤバいところで見ない様にしましょうね。ではまた。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR