FC2ブログ

妄想関連

このブログを前のブログから連続して見ている相当な変わり者のヘンタイさん達はお気付きと思いますが、鞭フェチにもある種のミニブームみたいなものがあり、現在はややアメリカ風な雰囲気に振れております。

と思っていた矢先に、鬼様のTwitterにこんな写真がアップされ、何やらちょっと嬉しい気分になったりしたのでお裾分け(笑)。
BlogPhoto1224-04.jpg
付いていたコメントも、『ウエスタンもどきだにょん。」でした〜。 なんで、だにょん、なのかは分かりませんが、、。

さて本題で、本日は各種妄想系画像達。

BlogPhoto1224-01.jpg
僕は英国の帆船もの冒険小説等が割と好きで、帆船ものと言えば鞭打ち刑は必須条件で、鞭フェチ的には中々魅力的だったわけです。このイラストはその手の小説の鞭打ちシーンを思い出させてくれました。
この場合、乗組員は高校生の男女で、カリブ海かなんかをクルーズしながら体験学習中だと思われます。今回の航海では運悪く男子は一人っきりで、しかもコイツが間抜け。従って毎日夕方になると、こうして指導教官と女子学生の前でお尻を叩かれている次第です。 間抜け男子の赤くなったお尻と、それを見下ろす女子乗組員のコントラストが素敵な一枚だと思いませんか?

BlogPhoto1224-03.jpg
これは妄想する事自体がかなり難しい一枚です。トロッコみたいな台車に奴隷と思われる男達が乗せられて、お城の地下室みたいなところに運ばれている様子に見えますが、そこから先の妄想が発展しません。 鞭を持った上品な女性達は単なる看守には見えないし、、。 別に食料として運ばれている訳でもないと思うので、労働奴隷の搬入というところなのでしょうか? どなたか、テキトーな妄想思いついた方教えて下さいませ。

BlogPhoto1224-02.jpg
こちらはアメリカ系妄想をしやすい一枚。赤毛で気の強そうな女性というだけで充分ですが、場所の雰囲気もなんとなく、アメリカの田舎の町にありそうなレストランぽい。恐らくこの女性はこのレストランのオーナーかオーナーの奥さんで、閉店後のお店で、態度の悪かったボーイをお仕置きするところと思われます。

BlogPhoto1224-05.jpg
アメリカのお金持ちの奥様というところでしょうか? パーティーでお会いして恐る恐るご挨拶したら、じゃぁ靴舐めて〜、と言われているところ^^!


スポンサーサイト
[PR]

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アートで妄想ごっこ

  「処刑人の首輪」  男たちは荷車の上で、皆激しく後悔していた。  私は、シャルル。シャルル・ドゴール。23歳。フランスの片田舎の小さな村で、村長の帳簿付けや雑用をして暮らしている父に育てられた。村は貧しく小さく、村長ですら、租税を納めるのがやっとという有様で、大人になった私は、父にとっては厄介者以外の何者でも無くなっていた。妻をもらう当てもなく、譲ってもらえる土地も無い私は、神父様の...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR