FC2ブログ

リンクを追加

170621-02.jpg

170621-01.jpg

6月17日の記事でもご紹介したDjekiさんと、お知り合いになりました。(お友達までは行ってません。) 

DjekiさんのFemdom Artを僕のブログで紹介しているのですが、よろしいですか? とメールで聞いてみたら、、。
「貴方のサイトを見せて。」 と言われて、お見せしたところ、

nice site!
I have nothing against my materials here...
Good Luck!
Djeki

と言ってきていただいたので、これからジャンジャン紹介したいと思います。 というわけで、右側のサイドバーにDjekiさんのリンクを追加しましたので、皆さんDjekiさんのサイトに行って見てみて下さい。

ちなみに、Djekiの発音は「ジェキ」あるいは「ジャッキー」に近いみたいです。(ロシア語わからないので、google翻訳頼りです。)

何しろ、素晴らしいのはご本人が旦那を奴隷にしておられ、しょっちゅう旦那のお尻を鞭痕だらけにしていて、さらに想像力あふれるFemdom Artを創作されていることです。 個人的には現存するFemdom Artistとしては一番好きです。

170621-03.jpg

170621-04.jpg

叩いているのがDjekiさんで、悲惨なお尻になっているのが旦那さんかどうかは分かりませんが、Dejekiさんのサイトにはこのレベルの写真はもちろん、短いですが素敵な動画もありますので、是非一度訪問して楽しんでください。








スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

痛そう、、、

痛そうを通り越して激痛、涙と鼻水それとよだれを流しながら悲鳴をあげているM男。
厳しい躾のあと御褒美にタバスコかな?
それとも御聖水?。

Re: 痛そう、、、

Djekiさんのサイトの中には、もっと凄いのもありますよ〜。

ご褒美のタバスコは凄いことになりそうですね!(前にお塩を塗られて、カチカチ山の狸さん状態になりました(笑))。

それから、、、

鞭のあと塩ですか🎵
どれほど耽美な体験なさったんですか?
夢のカケラを集めても足元にも及びません。
怖いと言うか羨ましいと言うか‼
これからも楽しみです。

Re: それから、、、

いやまぁ、この道だけはず〜っと続けてきたので(笑)。 僕の古い話は2014年の2月25日から数回に渡って書いていますので、ご興味があればどうぞ。(左サイドバーの「全ての記事を表示する」ボタンを押すと、記事タイトルの一覧が表示されるので、そこで2014年2月の記事をチェックすると簡単です。)

ありがとう

ゆっくり読ませてもらいます。

地方在住なのでSMクラブは遠い‼
昔、プレーがゆきすぎて入院<4週間>通院<1回>になり、怖くなりました。
以後足は遠退き、妄想に耽溺かな👢

Re: ありがとう

へぇ〜、入院!! 大変でしたね!

こちらはお尻(と太もも&背中)を鞭やケインで叩かれるだけなので、血が出ることはあっても、すぐ回復〜!

お尻叩かれマゾに転向されては如何?

ありがとうございます^^

この手書きART、素朴ですが妙にリアル感があり、絵は優しげなのに内容はかなりハード。
他のサイトで見かけてから気になっていました。
ムチ打つご本人の創作とは、何とも素晴らしい!

ムチ打つスレンダーな奥様とムチ打たれる旦那様。
動画も拝見しましたが、演技じゃないリアル感がいいですねぇ。
細い小枝はよくしない、痛さが半端ない。お尻のムチ痕も凄く痛そうです。
こんなご夫婦、とても憧れます。
サイトのご紹介、サンキューです。(^0^)/

震えあがるような怖さ

画像のような鞭痕、妄想するには陶酔してうっとりします!
体験するのは怖いと、、、
激痛、号泣、悲鳴、謝罪、懇願等が頭をよぎります。
鞭打ちの部屋への扉は遠いかな。

Re: ありがとうございます^^

樺の枝を収穫して鞭を作るところからご自分(又は奴隷の旦那)でやっているので、本格的ですよね。

なにやら素敵な鞭打ち部屋があるようなので、生きているうちに一度は行って見たいですね(笑)。

Re: 震えあがるような怖さ

扉は押せば開きます。
プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR