FC2ブログ

鬼10th裏話 その2

麗しき二人のボスたち。

今日の裏話は、鬼のボスお二人です。

僕にはオジキに当たるユリイカのボスゆみこさんと、鬼様が所属するクラブのボス朝霧リエさんです。


190612-01.jpg
僕は朝霧リエボスとは直接の面識がないので、裏話と言える程のことは知らないのですが、鬼10thのプログラムに、ボスご自身とラシオラの全ドミナが勢揃いしたのは、朝霧リエボスの強力な後押しの賜物であることは確かです。

ラシオラはエレガンスとドミナンスを併せ持つ女性支配の世界をイメージし実践しているクラブで、日本では唯一無二の存在ですが、その中心に朝霧リエボスが存在し、微動だにしない姿勢があることが原動力となっていると思われます。

たま〜に鬼様から聞く朝霧リエボスは、愛すべきキャラクターも持つ素敵な女性のようですが、そのボスと鬼様の人間関係を、自分と自分が長年居た会社のボスとの関係に投影してみると、驚くほど重なって見えたりします。 RESPECTという言葉が一番似合いそうな、お互いを認め合った関係のように見えます。

普段は、そんなものどこにあるの?という顔をしていて、いざ大一番となるとしっかり顔を出す、RESPECTのある関係、素敵ですね。

本題とは無関係ですが、例の僕の後輩マゾのプリンスは、なんとなんと、朝霧リエボスが現役時代にプレイ経験があるらしく、ごくたまに、軽く自慢されたりしております。(チクショー!) でも、それって確かに自慢するに足る事実ですよね!

190612-02.jpg
一方のユリイカのゆみこさんは、僕のオジキでもあるわけで、色々と直接お世話になっております。朝霧リエボスが鬼様のボスとすると、オジキは姉貴分です。

そして、今回オジキが妹分の鬼10thに当たって見せた、フルパワーのサポートが凄かった! 昨日ご紹介したトーカさんも八面六臂の活躍と言いましたが、オジキも八面六臂かもしかするとそれ以上の活躍だった気がします。もともとオジキはプロデューサー的な能力が凄いひとですが、その人が本気出してサポートすると、とんでもない結果に繋がるのを今回目の当たりにしました。

オジキのサポートをさらに倍のパワーに変える鬼様もスゴいですが、この二人のキャッチボールは、そばで見ていて鳥肌ものの迫力でした。まぁ、その結果竜巻に巻き込まれたようなもので、120%のパワーで協力することになった、各分野のプロフェッショナル達は多少お気の毒という気がしないでもなかったですけど、、、。でも、そんなプロたちも鬼10当日にはご機嫌でみなさんお顔を揃えておられたので、あながち迷惑というのではなかったようですけど、、。

そんなわけで、今日僕が皆様にお伝えしたかったのは、鬼様とそのボス達との、掛け値無しのRESPECT溢れる人間関係です。それなしに今回の鬼10thの盛り上がりはあり得ませんでしたから。

鬼10th裏話 その1

2019年のビッグイベント、鬼10thが終わって、ちょびっと脱力感に見舞われておりますが、実は鬼10th準備の過程で、殆ど無数の「素敵な裏話」が生まれていたので、僕もその全てを知っているわけではありませんが、いくつかのお話を小出しに、ご紹介したいと思います。

最初の方はこの方。

ラシオラのミストレス、トーカさん。 
190611-01.jpg

実はトーカさんというミストレスは、
190611-02.jpg
ラシオラのプロフィール写真のこの写真を見た時に、スゲ〜っ!という印象を受けておりまして、

多分20歳前後のお嬢さんなのに、この雰囲気は何だ〜!という感じでした。

そのトーカさんが、今回の鬼10thのイベントの裏で、八面六臂の大活躍をして下さったのですが、詳しい事情はトーカさんご自身が書かれたこのブログ記事を見て下さい。

そして、鬼様が鬼10thの準備終盤にお会いしたときに、

「あのさぁ、トーカちゃんがスゴいんだよね。」

と話して下さった話が、良かったんですよね。

トーカさんは鬼10thの中で使う音楽を「打ち込み」で作って下さったらしいのですが、その進め方が素晴らしかったという話を鬼様が僕に熱心に語って下さったのです。

「トーカちゃんはさ、まずこんな感じでどうですか?ってサンプル作ってくれて、それを確認してから次に進むんだけど、その都度都度に、これでもかっ?ってぐらい確認とかしてくれて、あれはスゴいわ〜。」

というお話でした。

そしてそれを聞いた僕も、

「それはスゴいわ〜!。」

と文句なしに感心してしまいました。

実は私、長年メーカーでものづくりとかをやっていたのですが、その経験から確信していることがあるのです。

「優秀なヤツの仕事って、分かりやすい。」

実は一緒に仕事して、優秀か否かの違いって、この一点に尽きると思っております。

仕事って、結果だけみると、上手く行ったり、ダメだったりと色々あるのですが、その結果というフィルターを取っ払って、本当の内実を知っているヤツだけが共有している真実の部分では、優秀な人のやったことはその経過が全て明確なんです。だから、何か問題があっても、何時でもその問題の地点に戻って対策を立てることが出来ます。 一方でヤバいヤツの仕事って、結果的には上手く行っているように見えても、実はその経過がグチャグチャで、何かトラブルに遭遇したりしたら、金輪際原因不明! もう二度と一緒に仕事したくなくなります。

トーカさん、このルックスで、その仕事。さらには朝霧リエボスを巻き込むまでのトルネード巻き込みパワーもあるらしい。

ラシオラのミストレス、恐るべし!

というお話でした。

これ以外にも素敵で良い話があるので、それはまた別の機会に。



鬼徳の日

190610-04.jpg
昨日6月9日(日)に、鬼様のプロドミナ10周年のイベントがありました。このイベントについてはオジキを始め多くの方がツィートしておられますし、多分これから多くの情報が発信されるものと思いますので、そちらを参考にしてください。

僕の場合、このイベントはご主人様のイベントなので、後輩奴隷のプリンス達と一緒に「裏方」に徹しておりました。僕の受け持ちは、開場前はVIPの運転手、その後は場内撮影禁止の為に携帯のカメラにシール貼り、貴重品の番で、大まかに言うと警備のオジさんという感じでした。

そんなこともあって、鬼様ご出演の舞台は殆どライブではなく、会場ロビーのスクリーンで見ることになりましたが、それでも会場全体の熱気と、出演者、来場者(業界のスゴい方々とマゾ多数)、そのほかの関係者の醸し出す熱気は伝わってきました。

実はこの日は、会場の中のみならず、最寄駅の高田馬場駅周辺はいつもとかなり違う空気になっていたと思います。というのも、僕がVIPをお連れして会場に向かう途中、高田馬場駅から会場に向かう歩道に、フツーの人とは明らかに空気感の違う、なにやら周囲を圧倒する、際立った雰囲気の女性が相当数歩いておられ、マゾなら即分かる女主人オーラが充満していたからです。

会場に入ると、入り口付近にはあまりにも鬼様らしい、『アルファインからのお花』が飾られ、このイベントの特別さを物語っておりました。
190610-03.jpg

そして、警備員のおじさんの立場を悪用して、おそらく人生最多数の美女様(しかも皆様がドミナ!)とお喋りするという、超ラッキーなおまけ付きの、充実した1日となりました。

面白かったのは、知り合いの人に会ってお話するたびに、この特別なイベントを企画して実現するまでに関わった人達の凄さと、それを可能にした鬼様の「鬼徳」(人ではないので、鬼徳)を皆んなが異口同音に語ってくれたことです。 だれもそれを大声で宣伝したりはしないのに、皆んながそれを感じて、話してくれたことが嬉しかったです。

まぁ、唯一の懸念はこのイベントで初めて見た、ポイズンルイ子withMのM達や新人マゾがスゲ〜イケメンのお兄さん達で、さらに結構ちゃんと仕事も出来て文句の付けようのない奴らだったことで、この手のイケメンマゾの出現が、今後の鬼様周辺マゾコニュニティーのヒエラルキーに影響することです。でも、僕も伊達にリーマン30年以上やっていた訳ではないので、こういう新手の強力ライバルを何気なく消す技を思い出しつつ、対策を練りたいと思います。

190610-01.jpg
これはイベントの片付け終了後に、鬼様、後輩マゾと3人で撮った記念写真。顔はボカしていますが、二人とも嬉しそうに笑って居るのが分かる^^!

お気に入り

お気に入りに追加したい写真を見つけちゃいました。

190526-01.jpg
もちろん、ステキなMiss Brownというのもありますが、なにより目を引いたのが、ほとんど黒に近いこげ茶のケイン!! 恐らくSmaked Dragon Caneと思われますが、ここまで黒くなるには相当Smokeしないと無理。鋭く空気を切り裂くヒュッという音が聞こえてきそうです。残念なことにこの手のケインは最早製造不可になっているらしいので、マゾ世界遺産に指定です。

もう一つこの写真で気に入ったのは、付けられていた題。 The Saturday Detentionとなっていました。土曜日の居残り!土曜日にMiss Brownにこのケインで叩かれるなんて、夢みたいですね!! この学校!!

鬼様10周年

鬼様がプロドミナとして10周年を迎えます。

S__15278126s.jpg


表面は華やかでも、そこはプロと名のつく職業なので、厳しい競争社会を10年間生き抜くだけでも大変なことですが、鬼様にとっては一つの通過点であります。

でもしかし、やはり10年という一区切りを迎えるに当たり、鬼様奴隷の一人として感想というか、思い出をすこし述べてみたいと考えました。

鬼様と最初にお会いしたのは、(多分)鬼様がプロドミナを始めてから1年ほど経った時のことだったと思いますが、約束の新宿のスタジオの前で待っているところへ、キャリーバッグを引いて近づいて来る女性を100mほど先に発見して、『あぁ、この人だ』と直感したことを今でも鮮明に覚えております。 当時の鬼様はまだ20歳そこそこの、現役の大学生のお嬢さんだったのですが、100mくらい離れたところからでも、独特のオーラというか、電磁波みたいなものを放射していて、それが鬼様を周りから際立たせている感じでした。

その後、最初のプレイに入ったのですが、最初の5分で「あぁ、この人には全部任せておいて大丈夫。」という感じでした。誤解の無いように言っておきますが、これは鬼様が僕の嫌がることをしないから安心というのではなく、この方は僕が嫌がろうと何だろうと、自分のやりたいことをやるだろうし、そしてそれは実は僕が自分の内部の深いところで、「やってみたいけど、怖くて出来ない。」みたいな感じでいることだという、一種の確信です。 言い方を変えると、鬼様のFemdomな欲望と、僕のマゾの欲望が深いところで共通しているという安心感みたいなものだったと思います。

で、その最初のプレイで、期待通り(?)ケインでお尻ズタズタにされて満足(?)した僕は、勝手に鬼様を僕の『女主人』に決めていました。

その後のプレイに関する報告は色々記事を書いたので、そっちを見てください。

で、今日はその鬼様の人間的側面についてお話しします。

今回、10周年のイベントや、記念の冊子とか、色々な企画があって、その一部をお手伝いしたりしているのですが、そこで見えて来る鬼様の、人としての魅力をご報告したいと思います。 まぁ、鬼を語るのに人としての魅力というのも何ですが、細かいことは気にせずに聞いてください。

実は書きたいことが山ほどあって、順番どうしようとうろたえておりますが、、、。

その1。 『人間がデカい。』 別の言い方をすると、器がデカい。何故それが分かるかというと、僕は器ちっちゃい人間の典型で、好きなもの(例えばケインでお尻たたかれるとか、、)はハッキリしているのですが、それ以外は殆ど嫌いというタイプです。従って僕の器に入る人というのは、極めて少数です。一方鬼様は好きなものやことについては僕と同じですが、その反対の嫌いとの間に、かなりというか、とても大きなグレーゾーンがあります。つまり、好きとか嫌いとかを決定するまえに、取り敢えず存在を許容するという相手が多数存在するわけです。この人達は当然ながら鬼様の器に入っています。時間とともに、その人達も好きなタイプや、NGなタイプに色分けされて行きますが、僕の場合のように、会って5分で決定という感じではないのです。その結果どういうことが起こるかというと、時間をかけて相手をみることにより、最初は気づかなかった美点や特技などが見つかることで、大好きとまでは行かなくても、何となくお気に入りくらいにはなることが多々あります。そして、大事なことはそうやって、鬼様の器の中で未決状態でいるうちに、その人たちも鬼様の魅力を発見して好きになって行ったりするわけです。相手を好きだとか、何となく嫌いじゃないという感情の動きは、お互いに通じ合う性質を持っていると思われるので、結局のところ鬼様を好きと感じる人たちがどんどん増えて行くことになります。今回の10周年企画を進めるにあたり、そういう鬼様に好意を持ったフツーの人たちが大活躍して、本来ならとても複雑で大変な作業を、見事に役割分担して進めて行く姿を多数みることが出来ました。そして、それはとても気持ちの良いものでした。

その2。 『腹が据わっている』 鬼と呼ばれるくらいの方ですから、当然といえば当然なのですが、なにしろ腹が据わっていて、ブレません。 僕はかれこれ、9年くらいのお付き合いですが、最初にお会いした時から現在までの鬼様は、全くブレずに一直線に進んでいる気がします。ご本人の中では色々葛藤があったのかもしれませんが、それを我々が感じることは皆無で、見事なくらいに自分に正直、忠実に行きている姿は、お見事の一語に尽きます。僕もリーマン30年、それ以降も長きに渡ってビジネス世界を泳いできましたが、鬼様くらい腹が据わっている人には会ったことがありません。というか、男で仕事しているヤツの殆どは、戦々恐々と回りを偵察してビクビクしているんですよね(笑)。

その3。 『自分に正直』 これも特筆すべき鬼の特徴の一つで、特に自分の欲望に対しては、笑っちゃうくらいに正直です。(笑い) これは僕なりに分析すると、鬼様には「自分だけの法律」みたいなものがあって、それで厳しく自分を律している替わりに、「他人や世間からの借り物の物差しや常識」には、ほとんど最小限の注意しか払いません。これって、かなり勇気の要る生き方で、そのせいで「腹が据わっている」という見方をされるのですが、一方でその真っ直ぐさが、鬼様の人生(変な日本ですが)の先輩達から愛される原因になっているように思えます。鬼様のボスに恵まれ方は凄くて、シオラの朝霧リエボスや、ユリイカのオジキ(ゆみこさん)という、本当にこの世界のトップクラスのボス達から可愛がられています。鬼を可愛がるボスたちもスゴいというか、怖いですが、今回の10周年記念企画のお手伝いをしていると、そのボスたちが「可愛い鬼のためなら、出来ることは何でもやってやる!。」という気迫を感じて、それはとても気持ちの良いものです。

その4。 『誰にも似ていない』 英語の表現に"Like no other"という褒め言葉がありますが、鬼様ははそれがピッタリ当てはまります。普段もSMに関してもです。その分勉強熱心です。好きなことを勉強するのは当たり前で、それ自体は特筆すべきことでもありませんが、鬼様の場合そこに凄まじい行動力が付属しているので、側で見ているとビックリさせられることがままあります。僕は一線を画してもらっていますが、お笑いに興味を持ったらあっという間に、ポイズンルイ子with Mとかなんとかいうグループ作って、合宿してお稽古したりとその行動力は驚異的です。そうやって、自分の目で見て、自分で実際に経験した事だけを通じて、鬼様が形成されて行くので、仮りものの、どっかの誰かに似ているという感じは皆無です。

実を言うと、まだ書きたいことは次々と出て来るのですが、マゾのブログとしては、写真もなしで異常に長いものになっているので、今回はこれくらいで切り上げます。

ふと気づいて見たら、妙齢の女性を評するのに、「器だデカい」とか「腹が据わっている」とか、戦国時代や明治維新に登場するオジさんたちに使われそうな言葉ばっかりになってしまいましたが、鬼様を9年間近くでじっくり観察した結果ですので、鬼様を知らない人は、騙されたと思って一度見物に行って見て下さい。人間を偏見ではなく、フラットに見られる人なら、僕の言っていることはすぐに分かると思います。

本日は以上です。

最後になりますが、鬼様10周年記念のイベントは、6月9日(日)で、チケットなどの詳細はこちらです。



プロフィール

鞭フェチM男

Author:鞭フェチM男
鞭フェチが書く、鞭フェチの為のブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR